星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 竹田城~本家天空の城??2016.6.8 - 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

竹田城~本家天空の城??2016.6.8

竹田城







竹田城築城、太田垣氏の時代


竹田城の始まりは、嘉吉年間(1441年~1443年)に当時の但馬守護山名宗全が配下の太田垣氏に命じて築かせたのが始まりとされます(口碑)。その後、山名氏の重臣である太田垣氏が初代・光景(誠朝という説あり)以下7代に渡って城主を務めました。しかしながら、天正8年(1580年)羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)による但馬攻めにより、竹田城は落城、太田垣氏も没落したと考えられています。

赤松広秀の治世


その後、羽柴秀長(城代)、桑山重晴と城主が続き、天正13年(1585年)播磨龍野城主であった赤松広秀(斎村政広)が朝来郡2万石(その後2万2千石)で入城します。現在に残る石垣遺構は、広秀が城主の頃に整備されたと考えられます。また、広秀は「仁政の主君」として領民から慕われていたとされます。養蚕業や漆器産業を奨励し、現在に繋がる地場産業の礎を築きました(漆器作りは、竹田の地場産業である家具製造業の元になったと伝えられています)。他にも、近世儒学の祖とされる藤原惺窩を援助したり、文禄・慶長の役により日本に来た朝鮮の儒学者姜沆に教えを乞うなど、儒学の普及振興にも大きく寄与しました。

関ヶ原の戦い、廃城


慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いが起こると、当初広秀は西軍に与し丹後田辺城攻めに加わりました。その後、西軍の敗戦を知り竹田城に撤退したところ、東軍として鳥取城を攻めていた因幡鹿野城主亀井玆矩から来援要請を受け出陣、功を挙げたとされます。しかし、鳥取城攻めの際に城下町を放火したとの罪で自刃させられ、竹田城も廃城となったのです。




DSC_0460_convert_20160710200738.jpg
大手口の城址碑


DSC_0478_convert_20160710200822.jpg
三の丸から見た本丸、天守台


DSC_0507_convert_20160710200853.jpg
本丸から見た、二の丸、南千畳


DSC_0532_convert_20160710200910.jpg
二の丸から見た天守台


DSC_0543_convert_20160710200929.jpg
南千畳から見た本丸



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する