FC2ブログ

腰越城~松山城家老山田伊賀守の居城

腰越城



築城年代は定かではないが治承4年(1180年)頃に山田伊勢守清義によって築かれたと云われる。

天文年間(1532年~1555年)には松山城主上田直朝の重臣山田伊賀守直定が城主であった。

腰越城は北の山塊から南へ張り出した尾根の頂部に築かれており、槻川が大きく城山を迂回し三方を囲む要害となっている。現在は県指定史跡として良く整備されており、堀切や竪堀をうまく活用した遊歩道が付いている。この道順で散策すると大半の遺構を確認することができる。

主郭は山頂にあり南北に長い長方形で西側に土塁を設けている。 北背後は高い切岸で、北尾根には二条の堀切を設けて遮断している。 主郭は南に虎口を開き、帯曲輪を経て南下の二郭へ通じる。

二郭は主郭の南下に位置し、東測面から南尾根方向に広い削平地を持つ。南尾根は堀切を経て三郭へと通じるが、その先は石灰岩の採石によって山が削られている


_DSC0143_convert_20160101113056.jpg


_DSC0180_convert_20160101113128.jpg




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment