FC2ブログ

小見川城 千葉県香取市

小見川城






完成 小見川城@ヤマシロ
㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/




建久年間に粟飯原朝秀によって築城されたと考えられ、代々同氏の居城であった。
里見氏の家臣正木氏が北総地帯を攻撃したときに、小見川城も攻められている。
さらに天正十八年(1590)、豊臣秀吉による小田原攻めでは、千葉重胤と共に粟飯原俊胤は北条方に加わったため、小田原城同様に同年中に攻撃され落城したという(『日本城郭大系』)。
その後、松平家忠が封ぜられたが、慶長六年(1601)に廃城となっている(『日本城郭大系』)。
城跡は城山公園となっているが、浄水施設などを建設する際にだいぶ改変された。本丸跡と推定されている小丘に土塁、周囲に空堀が残るのみである。






小見川 簡素城址板




小見川 土塁 1





小見川 堀と土橋





小見川 土橋へ





小見川 土塁遠景




[千葉県香取市小見川431]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment