FC2ブログ

古城巡り 写真館

デジブックにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

【新田荘遺跡】 群馬県太田市

Posted by 樋口山城守与六 on   0 

新田壮遺跡
新田荘遺跡 案内図


新田荘巡り 壱



新田荘巡り 弐




群馬県太田市にある荘園跡。新田荘は平安時代末期の12世紀中ごろに成立。源義国(源義家の子)を父とする義重が、現在の太田市西部の早川流域・石田川流域を再開発して19郷を支配下に置き、その後さらに39郷を開発して荘園化した。新田義貞は義重から数えて8代目にあたり、この地には1333年(元弘3)に義貞が後醍醐(ごだいご)天皇の命を受けて鎌倉幕府を滅ぼすために兵を挙げたとされる生品(いくしな)神社があり、1934年(昭和9)に義貞挙兵600年を記念して「新田義貞挙兵伝説地」として国の史跡に指定された。2000年(平成12)に史跡「新田荘遺跡」として、新田荘に関わる館跡を中心とした円福寺境内(別所町)、十二所神社境内(別所町)、総持寺境内(世良田町)、長楽寺境内(世良田町)、東照宮境内(世良田町)、明王院境内(安養寺町)、生品神社境内(新田市野井町)、江田館跡(新田上江田町)、反町館跡(新田反町町)、重殿(じゅうどの)水源(新田市野井町)、矢太神(やだいじん)水源(新田大根町)の11の遺跡が指定し直された。円福寺は新田氏4代政義が開いたと伝えられ、境内には一族の墓と伝わる凝灰岩製の五輪塔が20基ほど残っている。円福寺本堂の西側にある十二所神社は、創建年代は不明だが、本殿に安置される一木造りの神像16体のうち、5体には1259年(正元1)の銘がある。総持寺は新田館跡の一角に建てられた寺で、中世の堀や掘立柱建物、井戸などの跡が検出され、有力者の居館跡とみられている。長楽寺は新田義重の子、世良田(せらだ)義季(よしすえ)を開基とし、栄西の高弟を開山として1221年(承久3)に創建された、東日本最初の禅寺。江戸時代には徳川家康が祖先の寺として重視し、天海僧正を住職とした。その天海の発願で日光から境内に勧請されたのが、東照宮で、拝殿と本殿は重要文化財。明王院は新田義貞の居館跡とも推定され、不動堂に納められる小さな白金製の不動明王像は、鎌倉攻めのとき、山伏に化身して越後方面の一族にそのことを触れまわったという伝承がある。反町館は、義貞が居住したともいわれ、堀に水をたたえかつての館の面影を残す。江田館は鎌倉攻めでも活躍した江田行義の館と伝えられる

2012.12.23
関連記事
スポンサーサイト

樋口山城守与六

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。