星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

土浦城に残る建築遺構

改 亀城公園



本丸西櫓
本丸西櫓
土浦城本丸の土塁上の東西には、江戸時代初期四代藩主西尾忠照が元和6(1620)~7年にかけて築いたおのおの二層の物見櫓があった。東櫓は明治17(1884)年に本丸館とともに火災で消失、西櫓も昭和24年のキティ台風で破損し取り壊された。その後、西櫓が平成2年、東櫓が平成10(1998)年に復元された。




本丸櫓門(太鼓門)
本丸櫓門
土浦城櫓門は、本丸、二の丸の遺跡とともに茨城県の文化財に指定されている。火災や戦災などで各地の城郭建築が失われた今日において、とくに櫓門は江戸時代前期の建物としては関東地方唯一のもので土浦城の象徴でもある。もともと本丸の楼門であったものを、明暦2(1656)年、五代藩主朽木稙綱が櫓門に改築したもので、2階に大太鼓を置き時刻を知らせたことから、別名、太鼓櫓ともいわれる





移築された旧前川口門
前川口門(移築)
現在、二の丸門へ移築されている高麗門。水戸街道が整備されるより以前からあったものと考えられるらしい。




霞門
霞門(本丸裏門)
本丸裏門で、九代藩主松平信興によって建てられた。





本丸の西櫓
本丸東櫓
土浦城本丸の土塁上の東西には、江戸時代初期四代藩主西尾忠照が元和6(1620)~7年にかけて築いたおのおの二層の物見櫓があった。東櫓は明治17(1884)年に本丸館とともに火災で消失、西櫓も昭和24年のキティ台風で破損し取り壊された。その後、西櫓が平成2年、東櫓が平成10(1998)年に復元された。

スポンサーサイト

土浦城 茨城県土浦市

土浦城 外郭





土浦城 主要郭




土浦古絵図
土浦古絵図 駅の観光案内で貰えます(ネットでもダウンロ-ド出来ます)




平安時代、天慶年間(938年から947年)に平将門が砦を築いたという伝説があるが、文献上確かなのは室町時代、永享年間(1429年から1441年)に常陸守護、八田知家の後裔、豪族の小田氏に属する若泉(今泉)三郎が築城したのが最初である。戦国時代に入り永正13年(1516年)、若泉五郎左衛門が城主の時、小田氏の部将・菅谷勝貞によって城は奪われ、一時、信太範貞が城主を務め、後に菅谷勝貞の居城となる。しかし、小田氏は上杉・佐竹勢に徐々に圧迫され、小田氏治は小田城を逃れて土浦城に入った。その後、度々小田城を奪回するが永禄12年(1569年)の手這坂の戦いで真壁軍に大敗して勢力を失い、元亀元年(1570年)以降は佐竹氏の攻撃を直接受けるようになり、菅谷政貞・範政親子も主君小田氏を補佐したが、天正13年(1583年)、ついに小田氏治は佐竹氏の軍門に降る。天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原征伐の際に菅谷範政は後北条氏と結んだため佐竹氏や徳川家康の軍勢に攻められ、主君小田氏とともに滅亡した。




大手門石碑大手門跡の石碑





浄真寺土塁 内側1浄真寺土塁 





内堀 南側
内堀 南側





関東に入った徳川家康は、土浦を次男で結城氏に養子入りした結城秀康に与え、土浦城を領内の支城とする。秀康が越前国北ノ庄に移ると、藤井松平家の松平信一が3万5千石で入封。その後松平信吉の代に5千石の加増を受ける。元和3年(1617年)、信吉が上野国高崎に転封となって西尾忠永が2万石で入封。以後、城主は西尾氏・朽木氏と代わり、寛文9年(1669年)、土屋数直が4万5千石で入封。土屋氏は、天和2年(1682年)、子の政直のとき天和2年(1682年)駿河国田中に移ったが、代わって城主となった大河内松平家の松平信興が5年後の貞享4年(1687年)に大坂城代に転ずると、土屋政直が再び6万5千石で入封。その後三度の加増を受けて9万5千石となり、常陸国では水戸藩に次いで大きな領地を支配し、以後土屋氏が11代、約200年間世襲して明治維新に至った。




本丸への櫓門本丸櫓門(太鼓門)





西櫓
西櫓(復元)




[茨城県土浦市中央1丁目13−34]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

伊豆木城 長野県飯田市

伊豆木城@ヤマシロ
伊豆木陣屋後方の山に広大に遺構が残る
水晶山の東へ延びる尾根が伊豆木盆地で終わる先端部の小山上に位置します。
ここには数個の山が乱立している、これらの小山を利用し郭を設け間の沢を使用しこれを堀とし、所々に堀切を設けている。
比高はそれほど高くないが山全体に遺構がは広がり、南東麓には伊豆木陣屋(小笠原家書院)がある。
伊豆木城は、築城年代はさだかでないが伊豆木氏によって築かれた。 伊豆木氏は、南北朝時代の頃からこの地を領し、小笠原氏に臣従していた。

 文明2年に伊豆木経朝の名が「諏訪御符礼之古書」に見えるが、それ以後戦国時代の伊豆木氏がどのようになったのかは定かでない。






伊豆木陣屋(資料館)後方の山が城址
伊豆木陣屋(資料館)後方の山が城址




伊豆木城 この祠を裏を回り進む
この祠の裏を回り進む





伊豆木 切通





伊豆木 切通を進むと段郭群
切通を進むと段郭群?





伊豆木 郭





伊豆木 1





伊豆木 2
郭3側から見た堀切を見下ろす




伊豆木 郭3と土壇郭3と土壇





伊豆木 3






[長野県飯田市伊豆木3310−1]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

飯沼城 長野県飯田市

飯沼城@ヤマシロ
この城についての歴史的詳細は不明であるが城名からして飯沼氏が本拠としていた城であろう。
城跡は諏訪神社の境内以外は高陵中学校の敷地や住宅地及びJR飯田線により大きく改変され旧地形を読み取る事は困難である。





DSC_0214改
北側から飯沼諏訪神社を見上げる、唯一の遺構が残る






DSC_0213改
飯沼諏訪神社境内





DSC_0209改
諏訪神社拝殿背後の土塁




DSC_0212改




[長野県飯田市上郷飯沼2959]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

松尾館(松尾城) 長野県飯田市

松尾館@ヤマシロ

飯田市役所松尾支所の南側一帯が松尾小笠原氏の居館地と考えられる。こ辺りは「城」と呼ばれ国道152号線を挟んで南北に広範囲にわたるが国道より清見寺にかけての段丘上が中心部だろうとされる。




DSC_0202改
松尾館の中心部と思われる、清見寺





DSC_0204改





DSC_0203改清見寺から見た館西側の展望






[長野県飯田市松尾城4052]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

飯田城 長野県飯田市

飯田城



13世紀初めに飯田で勢力を持つようになった坂西(ばんざい)氏により築かれたといわれる。天正10年(1582年)3月の武田氏滅亡、信濃伊那郡は織田家臣・毛利長秀に与えられ、長秀は飯田城を拠点に伊那郡支配を行う。同年6月の本能寺の変により発生した天正壬午の乱を経て、三河国の徳川家康の支援を得た下条頼安が飯田城を掌握し、後に菅沼定利が入城した。徳川勢の関東移封後には、再び毛利秀頼が入り、その娘婿の京極高知に継承され、この頃に近世城郭としての姿が整えられた。江戸時代になると小笠原氏1代、脇坂氏2代と続き、寛文12(1642年)堀親昌が2万石で下野烏山より入封し、以後明治維新まで飯田城に居を構えた。






飯田城 古地図飯田城 古地図 説明板より





飯田城 赤門
飯田城桜丸御門は桜丸の正門であり、塗られた弁柄の色から「赤門」とも呼ばれている[。宝暦3年(1753年)8月に工事が開始され、宝暦4年(1754年)に完成した。屋根は入母屋造であり、妻飾は狐格子と蔐懸魚(かぶらげぎょ)とする。間口の中央に2枚の開板戸があり、追手町小学校から見て左側に小さなくぐり板戸がつけられている。門の脇には別屋根が架けられた番所が突きだしているが、このような例は長野県唯一である




飯田城 桜丸御門 蔵経寺山門桜丸の門 (経蔵寺山門)





飯田城 本丸説明板飯田城 本丸説明板


城は天竜川の支流の松川と野底川にはさまれた河岸段丘の先端部分を利用して築かれた平山城である。
縄張りは、城郭の東部に本丸を置き、断崖に面して西部に向かって二の丸、桜丸、出丸と曲輪を配していた。建造物としては、東西南北100mの規模で土塀に囲まれた本丸御殿を中心に、7棟の建物が建てられていた。
明治維新後は城内に筑摩県の飯田支庁が置かれた。飯田城の遺構はほとんど残っていないが、本丸跡は1880年(明治13年)に創建された長姫神社の境内となり、石塁・空堀・土塁の一部が残っている。二の丸跡には1921年(大正10年)から1982年(昭和57年)まで飯田長姫高校があり、長姫高校の鼎町移転後の1989年(平成元年)から飯田市美術博物館がある。藩主の居館のあった桜丸跡は長野県飯田合同庁舎として利用され、わずかに桜丸水の手門の石垣が残っている。



飯田城 本丸跡 長姫神社本丸跡 長姫神社

伊豆木陣屋 長野県飯田市

DSC_0099改
伊豆木陣屋 大手橋




DSC_0107小笠原氏旧館絵図説明板
伊豆木陣屋 小笠原氏旧館絵図説明板





陣屋は慶長5年(1600年)に松尾小笠原氏の小笠原信嶺の弟で交代寄合旗本となった小笠原長巨(ながなお)によって築かれた。徳川家康の命で武蔵国本庄から転封となり、中世の山城である伊豆木城の麓に陣屋を構えた。
陣屋は居間、書院を中心に土蔵、厩舎などがあった。陣屋入り口には物見櫓があり、陣屋門として太鼓門があった。太鼓門は現在、飯田市伝馬町の専照寺の山門となっている。
陣屋の南側を取り巻くように兄川が流れている。小笠原氏の築いた陣屋にて明治維新を迎えている。交代寄合は江戸城柳の間詰で、老中・若年寄の支配を受けたが、妻子は諸大名とは異なり在所で生活することが許された。





DSC_0100改




DSC_0103太鼓門跡太鼓門跡





DSC_0105櫓跡物見櫓跡





DSC_0108小笠原家書院小笠原家書院 江戸時代初期の懸造りによる武家書院。1952年に国の重要文化財に指定され、1969年から翌年にかけて文化庁により半解体修復された。





DSC_0109小笠原家書院





DSC_0110掛造り 書院下懸造り 書院下




DSC_0112書院内部書院内部(東側玄関部から)





DSC_0113書院 南一の間書院 南一の間





DSC_0114改





DSC_0115改




DSC_0140資料館近代的な小笠原資料館




[長野県飯田市伊豆木3942−1]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


兎城 長野県飯田市

兎城@ヤマシロ
現在東側が産業廃棄物の処分場となり一部削り取られているが兎城公園として整備され旧態を残しています。
城主は桃井氏が考えられる、上の城の出城とされるが上の城ついてはハッキリしない。縄張り的には連郭式の構造で地形を生かした堅固な造りをなしている。





DSC_0145改最初の郭になる、郭3



DSC_0146改郭3先の外堀跡の石碑





DSC_0148改郭2の大平神社




DSC_0150改郭1手前の大堀切





DSC_0155改郭1の土塁




DSC_0157改郭1は兎城公園となり奥に金山社、若宮社が祀られています






DSC_0159改郭1背後の土塁





DSC_0160改最北端の郭4





[長野県飯田市龍江414]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )




瑠璃光寺堀屋敷 長野県安曇野市

瑠璃光寺堀屋敷@ヤマシロ
瑠璃光寺境内は堀屋敷といわれる中世の遺構地と考えられる
この屋敷は、長尾城の北方に位置し上総屋敷に対して、長尾城の東方に位置しする屋敷で有る
堀屋敷が在ったとされる境内の周囲には堀が巡っていたといわれる、現在は東側ひ僅かに窪みであるが堀が確認できる






DSCF5504瑠璃光寺館瑠璃光寺が瑠璃光寺堀屋敷





DSCF5505h堀跡か山門前の水路は堀跡?





DSCF5508瑠璃光寺 土塁か 山門脇山門の土塁痕





DSCF5507瑠璃光寺 本堂瑠璃光寺 本堂





[長野県安曇野市三郷温610]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

法蔵寺館 長野県安曇野市

法蔵寺館@ヤマシロ
法蔵寺と豊科公園の一帯で、東西140m、南北130m位の所で有る。
北から東へかけて、水路と低い土塁痕が残る。南辺にも堤があり幅4mの堀が巡っていたと思われる。
作りから見て、西方が正面で今の山門のあるあたりが大手門で有ったと思われる。
館の規模は大きい方で、この館主は勢力は相当大きかったことが考えられる。構えは館の南の備えであろう。






DSCF5489法蔵寺山門法蔵寺山門





DSCF5486法蔵寺本堂法蔵寺本堂





DSCF5484.jpg
法蔵寺館の標柱




DSCF5488法蔵寺館の土塁痕か法蔵寺館の土塁痕か




[長野県安曇野市豊科5716]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )