星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 2017年08月の記事 - 1ページ目 - 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

青森市城館 ② 青森県
READ MORE

青森市城館 ② 青森県

油川城 新城 高屋敷館 青森県青森市油川城遠景青森市外北西の丘陵地に位置し、東西200m、南北350mの規模で平地の中に孤立した城郭となっていた。現在は畑作地となり平坦化されている。築城年代は不明であるが、諸書により南部氏奥瀬氏の居城とされる。「異聞記」に「油川へは南部奥瀬判九郎下り、外ヶ浜の代官となり、その子善九郎船水讃岐なり」とある。津軽氏の「津軽一統志」に、天正13年(1585年)3月、大浦為信による油川...
0
青森市城館 ➀ 青森県
READ MORE

青森市城館 ➀ 青森県

青森市城館 ➀ 青森県浅瀬石城城は北へ突き出た舌状台地の先端にある。城址は、現在リンゴ園となっており、堀跡は、農園内の作道となっている。近くには、浅瀬石川が流れている。城の構造は東方・北方に浅瀬石川が流れているが、西方・南方の城下があった高賀野方面は平地である為、田舎館・大光寺方面との連携が必要である。仁治元年(1240年)、千徳氏の祖である一戸行重が築城したとされるが、その根拠とされる『黒石星田家文...
0
黒石市 平川市 田舎館村城館 青森県
READ MORE

黒石市 平川市 田舎館村城館 青森県

黒石市 平川市 田舎館村城館 青森県尾崎城・本丸の城址碑尾崎城は、周辺の城郭同様集落のほぼ全体が城址である。戦国時代には、大光寺城の支城として機能していた。平城ではあるが堅固である為、隣村の新屋城と共に、浅瀬石城、浪岡城など諸城と協力する事によって、本城、大光寺城を守るのに力を発揮する。現在はほとんど宅地化しているが、堀や切岸が比較的良好に残されている。城は本郭(大館)と外郭(小館、尾崎出丸、勘助...
0
浪岡城 川原御所 北畠氏累代の墓 青森県青森市
READ MORE

浪岡城 川原御所 北畠氏累代の墓 青森県青森市

浪岡城 川原御所 北畠氏累代の墓戦国の豪族北畠氏の居城。浪岡町中心部の東方、浪岡川正平津川合流点右岸段丘面に築かれた平城。築城は15世紀後半の4代顕義のころとされる。北畠氏は建武の新政(1334~36)に活躍した北畠親房の子孫。「御所」の敬称で呼ばれる。京都の公卿の日記にも登場。浪岡へは応永年間(1394~1428)に来住、岩手県閉伊地方に住んでいたのを南部氏が津軽支配にその権威を利用しようとして連れてきたといわ...
0
滝山城 東京都八王子市
READ MORE

滝山城 東京都八王子市

㊟イメ-ジ図になります('ω')ノ...
0
川越大師 五百羅漢 干支を巡る
No image
READ MORE

川越大師 五百羅漢 干支を巡る

川越大師 五百羅漢 干支を巡る五百羅漢の中の、干支をご覧ください♪(/・ω・)/ ♪喜多院の五百羅漢(ごひゃくらかん)の始まりは、これまで天明2年(1782)説がとられてきました。しかし近年、五百羅漢に関する詳細な調査が行われ、その経緯や造立年代などが明瞭になってきました。それによると、本願主は川越北田島の志誠(しじょう)の他に蔦右衛門がいて、寛永8年(1796)に両名が発願しました。そして喜多院真珠院の協力を得て...
0
逆井城 初夏??
READ MORE

逆井城 初夏??

...
0
夕刻の浜松城
READ MORE

夕刻の浜松城

...
0
月山富田城 島根県
READ MORE

月山富田城 島根県

㊟現地説明板を参考に、イメ-ジ図テです('ω')ノ...
0
馬坂城 佐竹寺 茨城県常陸太田市
READ MORE

馬坂城 佐竹寺 茨城県常陸太田市

馬坂城 佐竹寺佐竹寺鎌倉時代から江戸時代にかけて常陸国を支配した佐竹氏代々の祈願所。大同2(807)年の開山,あるいは,寛和元(985)年に花山天皇の勅願を受けて元密上人が創建したとも言われています。 創建当初は,鶴ヶ池の北に位置する観音山にあったが,天文12(1543)年に兵火によって焼失,同15(1546)年に佐竹義昭によって再建されました。一時は隆盛を極めたものの,佐竹氏の秋田移封にともない,その寺運はしだいに...
0