星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

本城 羽生城を守る

羽生市 城館









羽生城を守る支城及び砦群を巡る。

羽生城
羽生城 廣田直繁・木戸忠朝の兄弟によって築かれたとされ、後に兄弟が上杉謙信の家臣となると羽生城は関東における謙信の主要な拠点のひとつとなる。
だが後に北条氏と上杉氏が対立すると北条氏の攻撃によって城は棄却される。
その後、徳川家康が関東に入ると、その家臣であった大久保忠隣の居城となるが大久保氏改易の後、城も廃城となった。


羽生城古城之図完成@ヤマシロ



外の内
外の内 謙信の旧臣斎藤氏の居館にて墓が残る




寄居
寄居 見事な土塁が残る




館山
館山 裏手に土塁と物見台跡が残る




桑崎堀の内
桑崎堀の内 




源長寺
源長寺 木戸氏開基で謙信も使用した砦




古城周辺
古城 羽生城の支城




漆原館
漆原館 忍城の出城




小松神社
小松神社 羽生総鎮守




村君屋敷
村君屋敷 土塁に堀が残る




内手
内手 城跡らしき風景が残る




風ッ張
風ッ張 今成氏の居城、遺構は無





平野屋敷
平野屋敷 江戸期の屋敷か?




堀の内
堀の内 不動院墓地の渋井家の中に渋井越前守の墓が有る




堀越館
堀越館 五輪塔と裏手に土塁堀が残る





本光寺
本光寺 遺構は消滅していると思われる

㊟城館名は富田勝治氏著「羽生城と木戸氏」を参考


にほんブログ村

スポンサーサイト

群馬県前橋市 城館

群馬県前橋市 城館 富士見町 粕川町





にほんブログ村

小倉城 2017改 埼玉県ときがわ

小倉城 2017改①






小倉城 2017改②







小倉城跡にかかわる同時代の確実な文書は発見されていないが、江戸時代の『新編武蔵風土記稿』では、戦国時代の関東に覇を唱えた後北条氏の重臣遠山氏を城主として伝えています。また、『武蔵志』では遠山氏、或いは上田氏とも伝えています。
 小倉城は、攻守一体で様々な工夫が凝らされた削平地をつらねた戦国時代の山城で、通称城山と呼ばれる山の山頂から中腹にかかえて所在している。


小倉城 三ノ郭東面
小倉城 三ノ郭東面




小倉城 主郭
小倉城 主郭




小倉城 大堀切
小倉城 大堀切




小倉城 南面石積
小倉城 南面石積




小倉城 桝形虎口
小倉城 桝形虎口





小倉城 二重堀切
小倉城 二重堀切


小倉城は、外秩父の山地帯と関東平野の境界にあり、大きく蛇行を繰り返す槻川と山地の自然地形を巧みに取り込んだ天然の要害にあります。
 城の位置取りは、槻川―都幾川―古荒川水系を基幹に陸路は鎌倉街道上道と山辺の道(八王子城―鉢形城を結び上州へ抜けるルート)の中間で双方へアクセス可能な位置にあり中世の水陸交通を強く意識したものとなっています。



概念図小倉城@ヤマシロ
概念図小倉城



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )



にほんブログ村

青山城 2017改 埼玉県小川町

青山城 2017改







青山城跡は、青山と下里の大字境に位置し、青山側では青山城、下里側では割谷城と呼ばれています。城跡は尾根を巧みに利用し、標高265メートルの山頂部に築かれた本郭を中心に、南西に二の郭、南東に三の郭をコの字状に配し、それぞれの郭は深い堀切で画されています。また、本郭の南東側および二の郭の東側には帯郭がよく残されています。 本城が築かれて年代については不明な部分が多いのですが、関八州古戦録には永禄6年(1536)「松山城へは上田安楽斎、同上野介朝広を環住なさしめ青山、腰越の両砦と共に堅固に相守らせ」とあり、戦国時代、松山城の支城であったことがわかります。東2.6キロメートルには小
倉城があり、北6.0キロメートルには高見城、西3.4キロメートルには腰越城を臨むことができます。また裾を流れる槻川に沿った鎌倉街道を見下ろす地理的な要所に位置した城跡です。


青山遺跡
「下里・青山板碑製作遺跡」
鎌倉時代から戦国時代にかけて関東に広く流通した武蔵型板碑の製作遺跡です。発掘調査により、採掘から一次加工までの工程が行われていたことが確認されました。武蔵国だけでも5万基にも及ぶ緑泥石片岩(りょくでいせきへんがん)製の板碑が存在しますが、その中心的な製作地と考えられ、中世の流通や精神文化を知る上で貴重な遺跡です。





青山城 南登城口仙元山遊歩道
青山城 南登城口仙元山遊歩道




青山城 三ノ丸堀切
青山城 三ノ丸堀切




青山城 本郭
青山城 本郭




青山城 石積
青山城 石積



青山城概念図改1@ヤマシロ_LI

㊟イメ-ジ図になります(*ノωノ)




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )



にほんブログ村

腰越城 2017改 埼玉県小川町

腰越城 2017改








槻川に三方を囲まれた天然の要害に築かれた戦国時代の典型的な山城で、松山城主上田氏の家老山田伊賀守直定の居城として伝えられています。標高216mを測る本郭からは、東に小川盆地や比企丘陵の山々、西に堂平山・笠山や安戸方面を見渡すことができ、すばらしい眺望が開けています。 城郭は、山頂の本郭を中心に二の郭・西の郭・帯郭など大小様々な17の郭と、竪堀・堀切などから構成されており、巧みに組み合わされた小口のつくりなどが特徴的で、戦国時代の典型的な山城です。




腰越城 木戸口
腰越城 木戸口




腰越城 主郭
腰越城 主郭




腰越城 竪堀
腰越城 竪堀




腰越城 横堀 土塁
腰越城 横堀 土塁




青山城 遠景
腰越城 遠景




腰越城概念図@ヤマシロ
腰越城概念図@ヤマシロ





大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )



にほんブログ村

青鳥城 埼玉県東松山市

青鳥城跡は、古伝によれば天長年間(830年頃)に青鳥判官藤原恒義の館跡と伝えられていますが、築城がそこまで遡ることは考えられず、早くても平安末期頃、豪族の館として本郭の部分が作られたと考えられます。


青鳥城城址碑
青鳥城城址碑 主郭


鎌倉時代には城塞が形成されていたとも考えられていますが、築城様式から南北朝の頃営造されたものであろうと考えられています。


青山城 二ノ丸土塁空堀
二ノ丸 折れ部の土塁空堀


戦国時代には、松山城に最も手近な出城であったと考えられています。多量の焼土が発見されており、豊臣秀吉の小田原征伐の際は上方勢の攻撃を受けたものと思われます。最後の城主は、松山城主  上田安独斎の家臣、山田伊賀守直安と考えられます。
 現在は宅地や畑となっていますが、外郭土塁や空堀が残存しています。



青鳥城 主郭
青鳥城 主郭




青山城 主郭北側空堀
主郭北側空堀




青鳥城 西側空堀
主郭西側空堀




青鳥城 主郭東土塁
主郭側東土塁


概念図青山取城@ヤマシロ




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )




にほんブログ村

太田金山城概念図 群馬県太田市

太田金山城概念図@ヤマシロ

㊟イメ-ジ図になります(*ノωノ)



にほんブログ村

松山城概念図 埼玉県吉見

松山城概念図@ヤマシロ


㊟イメ-ジ図になります(*ノωノ)



にほんブログ村

腰越城概念図 埼玉県小川町

腰越城概念図@ヤマシロ


㊟イメ-ジ図になります(*ノωノ)



にほんブログ村

青山城 埼玉県小川町

青山城概念図@ヤマシロ


㊟イメ-ジ図になります



にほんブログ村