星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

羽原城 貝原塚城~孟宗竹の密林!!

羽原城 貝原塚城~孟宗竹の密林!!






羽原城~住宅地・竹林


羽原城
西側から見た城ノ内


羽原城跡は南北700mにも達する巨大なものであったことになる。しかし、これらは、その構造から見て一つの城郭遺構であるとは考え難く、むしろ2つの居館跡(北の「新地」と中央の「城ノ内」)と一つの城郭遺構(南の「墓地」)とに分けて扱ったほうがよさそうである。これらの城館跡が同時に築造され、並存していたかどうかも定かではないが、中心となっていたのが「城ノ内」の居館跡であることはほぼ確実といってよかろう。おそらくこの3つの城館跡も、天正18年を画期として機能を停止したのではなかろうか。[『龍ヶ崎市史中世編』より]
現在残っている遺構は、竹林の中と確認はできないが周辺住宅地の中に有るかも知れません。



貝原塚城~金剛院(寄居)竹林(城山)


貝原塚城
金剛院山門、寄居


貝原塚城跡には大きな空堀が迷路のように掘りめぐらされており、ひとたびこの空堀の中に足を踏み入れると、絶えず堀の上や正面に聳え立つ土の壁の上から狙い撃ちされるようになっている。貝原塚城跡の最大の見物は、この迷路のように掘りめぐらされた恐怖の空堀をおいてほかにない。[『龍ヶ崎市史中世編』より]
金剛寺側の寄居は、畑に寺となっているが城山側には巨大な堀と土塁が残るが・・・・・・孟宗竹との闘いを覚悟必要です。



竜ヶ崎市周辺城館




にほんブログ村

スポンサーサイト

長峰城 登城山城 屋代城~快適な城巡り

長峰城 登城山城 屋代城






長峰城~長峰公園


長峰城


 長峰城の築城者や築城時期など詳細は不明である。城地である台地一帯で、大規模な発掘調査が行われた。以後は綺麗に公園化されています。
公園のトイレ隣りの広場に簡単な説明板が有るが・・・・遺構などの詳細は不明で、堀や郭らしき物は伺えるが、なんとも言えません。



登城山城~満願寺


登城山城


長峰城の東北東約600m、大日山城の西約800mの舌状台地南端部に占地している。
 その遺構の状態などから戦国時代末期まで城郭として使用されていたことが窺われ、当時は土岐氏の勢力範囲であることからその家臣である何某かが拠っていたものと推定される。
満願寺の境内が郭3、堀を挟み郭2そして最先端が主郭となり土塁、堀、虎口と良い状態で遺構が残るが車で行くには・・・少し解りずらい!!



屋代城~城ノ内中学校内


屋代城



屋代城は,鎌倉時代に北条氏によって,東西60m,南北80mの方形館跡として作られ,南北朝時代には北朝方の支配下に入り,屋代氏によって14~15世紀頃に城として館跡を拡張して構築されました。その後,3度にわたって増・改築が行われ,外郭に東西166m,南北212mの外堀を構築し,土岐氏等の攻撃に備えていたと思われます。築城形式としては,谷津が入り込んだ台地上に造られた回地型をした「台地城形式」のものです。
もう住宅地開発に学校造成の際に遺構は完全に消滅・・・・・・・と思ったら、有るでないですか!!中学校駐輪所側に見事に土塁、堀が残っていました(学校の為、遠目から撮影)



竜ヶ崎市周辺の城館







にほんブログ村

大日山城&布川城

大日山城&布川城




布川城


布川城


府川城は、中世末期の永正16年(1519)頃、豊島頼継が当時「府川」(布川となったのは近世に入ってから)と呼ばれていた台地に築いた城です。天正18年(1590)に豊島氏が滅んだあと、「府川城を守りて、常陸の佐竹義宣に備えるべし」と松平信一が府川城主として配置されています。この城は、現在の徳満寺付近一帯にありましたが、今は、空掘と土塁の跡のみが残っています。

遺構は、馬出の琴平神社と本丸跡の徳満寺本堂裏手に土塁に堀、土橋が残り二ノ丸は利根町の役場となっている。



大日山城

大日山城
北側から見た遠景

詳細は不明であるが、この塗戸町一帯も土岐氏の領土の一部であったことを想起するならば、土岐氏の家臣の誰かが拠っていた、と考えて大過ないであろう。[『龍ヶ崎市史中世編』より]
民家裏手の脇に、城への道が有り道左手に城址で見上げれば約15m位の比高なので直登し北側の隅にたどり着くと郭を周遊する事が出来ます。
郭内は孟宗竹が密集しており、なかなか探索不能で土塁上を行くのが無難です。
南西隅に櫓台と虎口が有り、西側には幅広の堀がなかなか見ごたえが有ります。



竜ヶ崎市周辺の城館





にほんブログ村

2016年11/27トオル兄貴の鷹留城 予定

2016年11/27トオル兄貴の鷹留城

11月6日 秩父の城 完了

茨義県 龍ヶ崎市 城を巡る 2016.10.29

清閑亭(旧・黒田長成別邸)

清閑亭は、明治時代に活躍した黒田長成(ながしげ)侯爵の別邸として、1906年(明治39年)に神奈川県足柄下郡小田原町(現・小田原市南町)に建てられました。
 
旧小田原城三の丸外郭土塁の南向き傾斜地に立っており、晴れた日は母屋から真鶴半島や大島を望む相模湾や箱根山を一望できます。
 
建物は、格式ばらない数寄屋(すきや)風の造りで、平屋と二階家が連なっています。建物内には板絵襖や網代組天井など優れた意匠も見ることができます。


_DSC31671_convert_20161023180053.jpg



_DSC3168_convert_20161023180236.jpg



_DSC3169_convert_20161023180155.jpg



_DSC3170_convert_20161023180300.jpg



_DSC3172_convert_20161023180323.jpg



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

小田原城・平成の大改修後初の登城

蟆冗伐蜴溷沁縲€豁」髱「謾ケ_convert_20161023175634

小田原城~近世城郭に垣間見える中世遺構!!

小田原城2016@樋口山城守与六



にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

早雲寺 総門~神奈川県箱根

DSC_2919_convert_20161023052526.jpg