FC2ブログ

archive: 2016年07月  1/2

御朱印で巡る上野・浅草 2016.7.25 完結

御朱印で巡る上野・浅草東京都、台東区上野公園の神社。1616年お見舞いのために駿府城にいた藤堂高虎と天海僧正は、危篤の家康公の病床に招かれ、三人一つ所に末永く魂鎮まるところを作ってほしいという遺言を受けました。そこで藤堂家の屋敷地であった上野に1627年に東照宮を造営しました。 1651年に三代将軍・徳川家光公が大規模に造営替えをしたものが、現存する社殿です。金箔をふんだんに使い、大変豪華であったことから「金...

  •  0
  •  closed

行田 古代蓮の里 &田んぼア-ト

古代蓮の里行田市の“天然記念物”に指定されている行田蓮(古代蓮)は原始的な形態を持つ1400年~3000年前の蓮であると言われています。古代蓮の里にほど近い公共施設建設工事の際に、偶然出土した種子が自然発芽し甦り、池に開花しているのが発見されました。地中深く眠っていた多くの蓮の実が出土し、自然発芽して一斉に開花した事は極めて珍しいことといわれています。甲斐姫の名が付く蓮ごく僅かしか、咲いていなかった睡蓮田ん...

  •  0
  •  closed

国宝 【松本城天守】 2016.7.16

国宝 【松本城天守】今回は、松本城天守を中心に撮影しました...

  •  0
  •  closed

伊深城~初登城2016.7.16・・・おまけ松本城

伊深城 伊深(いぶか)城は岡田地区伊深集落北側、標高911mの山頂に、里山辺の林城(林城跡は現在「小笠原氏城跡」として長野県史跡指定)の支城として造られました。 現在は南東側山麓の若宮八幡社から尾根上を登る道が整備されていて、小道をたどると要所要所に小郭があり、良く保存されています。山頂部の主郭には、明治年間に建立された石尊大権現の石碑があります。主郭からの眺めはすばらしく、晴れた日には正面に木曽谷の入...

  •  0
  •  closed

光城~初登城 2016.7.16

光城長野県安曇市田沢築城年代は定かではないが光六郎幸元によって築かれたと云われる。 光氏は海野氏の一族で海野幸元が築城し、光氏を称したことに始まるとされる。天文22年(1553年)武田氏の苅谷原城攻めに際して光城も落城したという。麓から見た光城主郭、現地説明板主郭、古峰神社主郭、現地縄張り図にほんブログ村...

  •  0
  •  closed

田沢城~初登城2016.7.16

田沢城鎌倉時代にこの地に来住した海野氏の一族・光氏によって戦国時代に築かれたと思われる。海野氏の一族は、そのころ光城、会田城、刈谷原城、上の山城、塔ノ原城にそれぞれ拠点を築き、互いにノロシ等を使って連絡しあった。田沢城は光城から派生する尾根に築かれ、その出城的な存在だったものか。天文二二年(1553)武田信玄の刈谷原城攻めで落城し、その後小笠原貞慶によって修復されたと考えられる。登城口さえ解れば、ひた...

  •  0
  •  closed

姫路城~世界遺産・日本100城

姫路城姫路城 西の丸大手門を入った場所備前曲輪からの天守三国堀手前から姫路城は、播磨国飾東郡姫路、現在の姫路市街の北側にある姫山および鷺山を中心に築かれた平山城で、日本における近世城郭の代表的な遺構である。江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つで、中堀以内のほとんどの城域が特別史跡に、現存建築物の内、大天守・小天守・渡櫓等8棟が国宝に、74棟の各種建造物(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)が...

  •  0
  •  closed

岡山城~おまけでギリギリ入場日本100名城

岡山城天下人となった豊臣秀吉に身内並みに厚遇されて大大名となった宇喜多秀家が、秀吉の指導を受けて築城し、8年の歳月を費やして建造され慶長2年(1597)に完成した岡山城。西向きの城構えのため、旭川を城の東背後を流れるように改修し、天然の外堀に活用しています。天守閣の壁に黒漆塗りの下見板を取付けるこの時代の特徴から外観が黒く、後の時代には「烏城」とも呼ばれています。秀家はこの城を戦の施設としてだけでなく、...

  •  0
  •  closed

備中松山城~現存天守 2016.7.9

備中松山城 ①備中松山城 ②大手門側の石垣~大河ドラマ「真田丸」で登場現存二重櫓本丸への入り口(この正面の平櫓は復元)現存天守~備中松山城三の丸への登城道市街地の北端にそびえ、「おしろやま」の愛称で市民に親しまれている、『臥牛山(標高約480M)』。 北から、「大松山」「天神の丸」「小松山」「前山」の四つの峰からなり、南から見た山容が、草の上に伏 した老牛の姿に似ているとして、「老牛伏草山」とか「臥牛山...

  •  0
  •  closed

竹田城~本家天空の城??2016.6.8

竹田城竹田城築城、太田垣氏の時代竹田城の始まりは、嘉吉年間(1441年~1443年)に当時の但馬守護山名宗全が配下の太田垣氏に命じて築かせたのが始まりとされます(口碑)。その後、山名氏の重臣である太田垣氏が初代・光景(誠朝という説あり)以下7代に渡って城主を務めました。しかしながら、天正8年(1580年)羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)による但馬攻めにより、竹田城は落城、太田垣氏も没落したと考えられています。赤松広秀の...

  •  0
  •  closed