星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

新田金山城~北城・八王子山ノ砦含む

新田金山城~西城~月の池迄




三ノ丸~実城



北城~八王子山ノ砦迄





金山の頂上にある山城であり、現在は、本丸跡とされている地点に新田神社がある。背後の斜面には石垣の一部が遺存しており、往時のようすを現在に伝える。関東平野を一望に収めることができ、西方は一段低くなっており「日ノ池」「月ノ池」がある。西南には二の丸跡、三の丸跡と呼ばれる曲輪が残り、これら曲輪につながる尾根群には堀切が設けられている。 また南曲輪には中島飛行機の創設者である中島知久平の胸像が建てられている。

1336年(建武3年)に佐野義綱が新田庄の新田城を攻め落としたという記録がある。この新田城が新田義貞によって金山に建築されていたのではという説があるが、最近行われている発掘調査ではその時代の遺構や遺物は検出されていない。ただし城郭遺構の保護との兼ね合いのために万全な調査ができていないという一面もある。

1469年(文明元年) 新田一族であった岩松家純によって築城される。以降、1528年(享禄元年)に由良成繁・国繁親子、1584年(天正12年)には北条氏と主は変わったが、上杉謙信の攻撃を退けるなど、関東七名城の一つとされる。
1590年(天正18年) 豊臣秀吉の小田原征伐の際攻撃を受けて落城、こののち廃城となった。

_DSC0029_convert_20160228185843.jpg


_DSC0061_convert_20160228185921.jpg



_DSC0138_convert_20160228190040.jpg



_DSC0149_convert_20160228190645.jpg



_DSC0198_convert_20160228190753.jpg




群馬県太田市金山町


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

真名子城(赤壁城)~宇都宮氏が出城として築城

真名子城(赤壁城)





永正年間、宇都宮忠綱の庶子であった岡本元綱が、皆川氏に対する備えとして封ぜられ、城を築いたのに始まるという。城の西側山麓に「本屋敷」という地名があるので、こちらがもともと平城が構えられていた所ではないかと想像されている。
 しかし城は岡本氏は後に皆川氏の養子を迎え入れて、城は結局、皆川氏に属するようになってしまう。天正年間、佐竹氏を背後につけた宇都宮氏は北条をバックとする皆川氏との間に対立色を強め、この地に進出してきて、岡本氏を破って赤壁城を奪取したといわれる。赤壁城主岡本氏は後に小田原の役の際には、皆川広照らと共に、小田原城に籠城した。この籠城戦の中で、皆川広照は早めに北条氏に見切りをつけて投降したので、所領安堵されることとなるが、岡本氏はその直後に病死してしまったという。

主郭は山頂にあり、周囲を帯曲輪が多段に巡っている。登山道のある南尾根は段曲輪が続いたあと弓形の堀切によって遮断、その先は自然地形の尾根であるが途中三箇所の堀切が残る。主郭から北へ伸びた尾根は二条の堀切、西へ伸びた尾根にも二条の堀切がある。


真名子入口


真名子見どころ


真名子本丸


真名子二重堀切





栃木県西方市真名子


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


栃木県 佐野市 栃木市 城館&史跡

栃木県 佐野市 栃木市 城館&史跡

2016年2月21日 (日曜日)
何度なく訪れた栃木県佐野市、栃木市の城館と史跡を新な仲間と巡りました



唐澤山城のレストハウスからの雲海・・・・まさかこんな場所で見れるとは!!
_DSC0003_convert_20160222230543.jpg

ここには沢山の猫がいますね。
_DSC0009_convert_20160222230601.jpg

唐澤山城の一番の見どころの、本丸の石垣!!
_DSC0039_convert_20160222230721.jpg


眞田親子犬伏の別れの地、大河ドラマ効果ですね
DSCN4859_convert_20160222230354.jpg


皆川氏の居城、皆川城で高速道路からも一目瞭然!!
DSCN4883_convert_20160222230429.jpg


皆川城の出城、大平山城。
DSCN4898_convert_20160222230500.jpg


大中寺、上杉謙信と北条氏康が和議を結んだ寺
_DSC0052_convert_20160222233309.jpg



にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

栃木県矢板市 城館 ② 松ヶ嶺城 乙畑城

栃木県矢板市 城館 ②

㊟ 数年前の登城記録になります





松ヶ嶺城  矢板市大字上太田小字古城

矢板市 松ケ峰城

持宝院の山門は、松ヶ嶺城の城門と伝承
矢板市 持宝院の山門は、松ヶ嶺城の城門と伝承



『栃木県の中世城館跡』によれば、永正年間に塩谷孝綱によって築かれたとされる。一方、文明10年(1478年)正月18日、宇都宮正綱の四男弥五郎(弥六郎)が養子として塩谷氏に入った際、付家老として岡本重親が塩谷の地にやってきて居城として築かれるともいう。具体的な年代は不明であり、塩谷の地に入ってすぐに築かれたとは考え難いが、文明10年(1478年)以降の15世紀末期の内に築かれたものと考えられている。

重親、正重、正親と3代経て、松ヶ嶺城が戦場となることは一度もなかったが、2代正重、また、正親が一時塩谷家を追放されていた天正13年(1585年)3月25日には、正親の弟氏宗が那須氏との戦いで討死するなど、城主には不遇が多かった。

ただ、松ヶ嶺城は城地が狭く、天然の水堀となっていた城の東を流れる中川(ちゅうかわ)は、通称「バカ川」と呼ばれるほどに氾濫を繰り返し、城下の松小屋の人々を苦しませていたため、塩谷氏から独立すると、正親は居城を泉城に移し、松ヶ嶺城を廃城とした。しかし、城があった山は、寺地山、寺中山などと呼ばれており、松ヶ嶺城の南側にあった岡本氏の旧菩提寺である慈光寺は、元和2年(1616年)まで存続していたため、廃城後も慈光寺の敷地という名目で、実質的には有事の際に使われる詰め城、あるいは陣城などとして、寺が廃寺になるまで機能していたのではないかと考えられている。
『ウィキペディア』より


乙畑城  矢板市大字乙畑

矢板市 乙畑城


現在、遺構の残る山城の乙畑城は、明応文亀の頃(1501年)に喜連川塩谷氏によって築かれたものだが、それ以前に、堀江氏(源姓塩谷氏)の重臣乙畑六郎兼房により築かれた乙畑城があり、現在は、乙畑城の馬場跡として伝わる乙畑小学校周辺の場所に、館城としてそれがあったものと思われる。その子孫は小幡氏を名乗り、山城の乙畑城の中にある熊野神社にある円形銅板の懸仏には、「応永二十五年(1418年)九月十日 小幡浄賢」の銘があるが、この小幡浄賢は、その子孫の一族であろうが、小幡氏の当主であったかは不明である。

喜連川塩谷氏によって築かれた現在遺構の残る山城である乙畑城は、喜連川塩谷氏の居城喜連川城の出城として築かれたが、要衝の地として重視され、大永2年(1522年)には、塩谷惟朝が立て篭もり、4月15日の戦などを始めとして、宇都宮氏、川崎塩谷氏、大宮氏、君島氏と戦っている。この戦いは翌年まで続き、大永3年(1523年)11月7日、喜連川塩谷氏が、これらの一族と和睦して城を明け渡し、以降、乙畑城は、川崎塩谷氏の出城となる。この時、もしくはこの頃、塩谷孝綱の次男義尾が小幡氏に養子に入り乙畑城主となっており、乙畑城記に記される乙畑孫四郎は、この義尾であると考えられているが定かではない。

その乙畑孫四郎は、永禄2年(1559年)に乙畑信濃守とともに乙畑城を包囲した結城晴朝と乙畑城の総大将として戦い、住民も含めて3000人もの人々を乙畑城や周辺の山々に篭城させて戦ったものの、壮絶な討死を遂げている。乙畑城記は次のように記す。

「高橋かもん(孫四郎の足を)ひさ口より切て落としたり。孫四郎片足にて暫く戦しかいたてなれハ彼所かっぱと臥たり、かもん首を打落し長刀の先に貫大音上げ敵の大将孫四郎高橋かもん打取ったりと呼ばりたり・・・」
(結城方の武将高橋かもんは、孫四郎の膝より下を切り落とし、片足で戦っていた孫四郎の首を討ち取って、首を自分の長刀(なぎなた)の先に貫き刺して、大将首を取ったと声をあげた)

この時、乙畑城は落城するが、その後結城勢は撤退し、再び乙畑城は川崎塩谷氏の支城となるが、義尾の次男小幡右近大夫義勝の時代を経て、小幡孫七(豊後豫)高升の時代の天正13年(1585年)7月13日、那須勢約1200騎に城が攻められると、高升は、嫡男太郎行安を人質に差し出して降伏。城を那須方に明け渡し、同年10月20日、城は、再び喜連川塩谷氏の出城となる。

また、天文14年(1545年)7月7日付けの宇都宮尚綱の小宅高尚と関沢弥五郎宛の2通の感状が、乙畑城の軍功を讃えるものであることから、この頃にも乙畑城に戦があったものと考えられている。さらに、常陸国の佐竹氏の文書である東州雑記には、天正2年(1574年)7月付けの記述で「塩谷兵部(塩谷孝信)ヲツハタ(乙畑)へ打入、其後那須ト塩谷立合ニナル」とあり、北下野各勢力の最前線として、乙畑城は北関東の戦略拠点のひとつとして位置づけられ、度々戦禍にさらされていた事がうかがえる。

しかし、天正18年(1590年)8月30日、小田原征伐に参陣しなかった喜連川塩谷氏が改易されると、乙畑城も廃城となった。
『ウィキペディア』より

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

栃木県矢板市 城館 ①

栃木県矢板市 城館 ①

㊟ 数年前の登城になります。



矢板城 栃木県矢板市本町3

矢板市 矢板城

矢板城(やいたじょう)は、栃木県矢板市大字矢板にある平安末期に矢板重郎盛兼によって築かれた平城。天正18年(1590年)、あるいは、正保元年(1644年)9月19日廃城。矢板館とも呼ばれる。

源姓塩谷氏の重臣矢板重郎盛兼によって城は築かれ、その後、代々矢板氏の居館になったものと思われるが、その歴史は、ほとんど伝承が無く定かではない。塩谷氏の居城である川崎城の北の守りの支城として機能しており、平城ではあるが、やや高台に城が築かれていた。南側の一段低い土地に広がる湿地帯と、城の東を流れる人工の用水路である富田堀を天然の要害とし、北に土塁を築いて防御を固めた城で、当地には権現山と呼ばれる古墳もあり、そこは物見台として使用されていた。矢板城の廃城後、当地は「たたり山」と呼ばれ、城の土塁などがそのまま残されていたが、明治時代に入り、学校の建設など開発によって遺構が徐々に破壊され、土塁の土も矢板駅の建設や近くの窪地の埋め立てに使われて破壊され、現在は、その遺構のほとんどを失っている。ただ、当地は今も高台になっており、それが城の面影を残している。
『ウィキペディア』より



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

伊佐野城  矢板市大字下伊佐野小字堀之内

矢板市 伊佐野城

持宝院の山門は、松ヶ嶺城の城門と伝承
矢板市 持宝院の山門は、松ヶ嶺城の城門と伝承


伊佐野城は、塩谷氏が下野国塩谷郡を治めていた時代に家臣の山本氏の支配の城であったことが知られており、塩谷氏の本城である川崎城の北の守りを成す支城のひとつであった。土豪の館を山に築いた程度の小規模な城で、堀切により守られた主郭と階郭の曲輪により構成される。当地には持宝院という寺があり、現在は城の北側の麓に移転しているが、かつては、城ともに山にあったと伝わり、伊佐野城は半寺半城の城であった。築城年代は不明であるが、伊佐野は『和名抄』にその地名が出てくるほど古く、『矢板市史』では、証拠となるものは何も無いと前置きしながらも、当地が平安末期の伊佐野支配の役所跡である可能性を指摘している。

その歴史については、ほとんど資料が無く不明な点が多い。ただし、時代不詳の城主として鈴木右京という人物があったと伝わる。名前のみで事績が全く伝わっていない。『川崎塩谷伯耆守実録』という書物の永正6年(1509年)6月14日の記述に伊佐野右京之介の名が見え、これが伊佐野を支配した鈴木右京と同一人物であった場合、この時代の武将と推測されるが定かではない。

城は、天正18年(1590年)に伊佐野郷が塩谷氏の支配から、岡本氏の支配に変わった時に廃城になった。
『ウィキペディア』より


山田城  矢板市大字山田小字城山

矢板市 山田城


平安末期に山田八郎兼利によって築かれたとされる。一方、文明・長享ごろに、塩谷孝綱の城代・山田泰業による築城と推測とする見解もある。ただし山田八郎の一族は文明・長享より前の応永年間に活動記録が見える。

山田八郎兼利説築城説によると、兼利が築城した山田城は、その子孫の山田八郎家が代々城主となったという。応永10年(1403年)8月には、山田八郎家が、中禅寺に法華経を寄贈するなど、山田八郎家は、塩谷氏の重臣として山田城を中心に繁栄した。その山田氏の主君である塩谷氏が、文明10年(1478年)正月18日に宇都宮氏より孝綱を養子に迎えると、その付家老としてやってきた山田筑後守泰業が城主となった。

この泰業の山田氏は、平貞能を祖とし、山田八郎兼利を祖とする山田氏とは異なる。一方、「那須記」に泰業の孫・辰業は塩谷朝業の子・山田藤右衛門尉業清の末とある。ただし塩谷氏の系図に山田業清は見えない。

また、城主でなくなった山田八郎系の山田氏は断絶したわけではなく、薄葉ヶ原の戦いでは塩谷氏の武将として辰業に続いて山田八郎安林の名があり存続していたと見られる。山田八郎の山田氏は家老か何かの待遇で山田筑後守の山田氏を補佐して残ったものと考えられている。

築城当初の山田城は、三方を山に囲まれて奥まった山間に築かれた馬蹄形の館城であったと考えられ、山城の部分は、戦国期に入ってから築かれていったものと考えられている。
『ウィキペディア』より


泉城  矢板市大字東泉小字高城

矢板市 泉城


泉城は、源姓塩谷氏の重臣泉五郎兼重(和泉兼重)が東泉に城を築いたのに始まる。以後、泉氏は、塩谷氏の家臣として仕える。泉氏については、ほとんど記録がなく、代々泉五郎(和泉五郎)を名乗ったためか、各年代の記録には「泉・和泉」と姓のみか、「泉五郎・和泉五郎」としてのみ記載されていることが多く、何代目の誰なのか把握することが出来ない。唯一名前で確認出来るのは、初代の泉兼重と泉氏の泉城主としてはおそらく最後の代であろう泉直任だけである。なお、宇都宮家臣に泉惣吉という名が見えるが、これが泉城の泉氏と関係がある者か、その出自等は全く不明である。

泉氏は、塩谷氏のかなりの重臣だったようで、江戸時代中期に書かれた宇都宮氏の家臣書上張には、岡本正親よりも先に名前が列挙され、塩谷孝綱の家臣を記した文献には、泉城代として「泉五郎事塩谷宮内」と記され、主君の塩谷姓を名乗ることを許されていたふしすらある。

泉氏時代の泉城の記録についてはほとんど残っていないが、宇都宮氏の家臣の記録として天正12年(1584年)に泉五郎(直任)と宗八郎(同族であろうが、直任との関係は不明)が泉郷の支配であったことが記されており、塩谷氏の重臣大沢氏の記録(大沢家記)には、「天正拾五年(1587年)八月十一日、塩谷之内泉館那須より大勢責来(攻め来たり)」とあり、泉城が対那須の最前線であったことがうかがえる。ただ、この記述の年代については、大沢家記のこの近辺の年代にずれがあるため、必ずしも正確ではないことは付け加えておきたい。

しかし、天正18年(1590年)の小田原征伐の後、泉郷が岡本氏の支配となると、泉氏は泉城を退去して泉氏時代が終わる。
『ウィキペディア』より

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村