星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

平井金山城~平井城主の関東管領上杉憲政の詰の城

平井金山城



w300h300NHLZZ4ZG平井金山城


w300h300MOQAWH5H平井城

永享10年(1438年)、鎌倉公方足利持氏と関東管領上杉憲実の間に確執が生じ、身の危険を感じた上杉憲実は平井城に逃れた。通説ではこの時に憲実が家臣の長尾忠房に築城させたといわれている。この後、持氏と憲実幕府の連合軍の間で永享の乱が起きたが、憲実方が勝利した。

文正元年(1466年)に関東管領になった上杉顕定によって拡張されたという。

古くから、平井城が関東管領であった山内上杉氏の拠点であったかのように記す史料[1]もあるが、実際には永正9年(1512年)の永正の乱もしくは大永年間(1520年代)以降の拠点で、16世紀前半の短期間のものであったとみられている。

天文21年(1552年)、北条氏康に攻め落とされ、時の平井城主の関東管領上杉憲政は越後国の長尾景虎(後の上杉謙信)のもとに逃れた。既に周辺の上野国人勢力や憲政の馬廻まで北条に寝返っていたためである。

永禄3年(1560年)に長尾景虎によって奪回されたが、同年に景虎は関東における拠点を厩橋城(後の前橋城)に移したため、平井城は廃城になった。奪回されて再び上杉本拠地となることを恐れた北条氏が、落城前に城郭を破却していたのではないかとも指摘されている。

平地部分に本丸などの本城があり、背後の山には詰城である金山城(平井金山城)があった広大な城である。

平井金山城金山城(かなやまじょう)は平井城の背後の山(山頂の標高は331メートル)にあった詰城で、同じ群馬県の太田市にあった金山城と区別して平井金山城と呼ばれることがある。群馬県指定史跡。
金山城の一部分では発掘調査が行われ、石積み(裏込めがないため石垣ではない)が検出された。
平井金山城は史料に出て来ないが、今のところ山内上杉氏の重要な拠点であったと推測されている。

所在地 群馬県藤岡市

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ふるさと散歩 羽生2015

ふるさと散歩 羽生2015




ふるさとを散歩してみました、知っていてもなかなか行かない小さな史跡巡り。

_DSC0002_convert_20151129125404.jpg


_DSC0031_convert_20151129125505.jpg




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

彦部館(彦部家住宅)~江戸初期の武家屋敷 改

彦部館(彦部家住宅)




桐生市広沢町の手臼山の麓に位置する。山裾以外の三方に土塁と堀を設け、南の大手口に長屋門、北の搦手口に櫓台を築いた中世の屋敷構えを残している。主屋や長屋門は江戸時代初期に建てられたものである。

DSCF6343.jpg
現地説明板より

彦部家は家蔵の「高階朝臣家譜」によると、天武天皇の長子である高市皇子を祖とする。高市皇子から六代目で臣籍降下し高階姓となり、高階氏は鎌倉時代に陸奥国斯波郡彦部郷に移り、彦部姓を名乗った。室町時代に彦部氏は足利将軍家に仕え、関東下向した近衛前嗣は桐生城に入ったが、のち、京へと帰って行った。信勝はそれに従わず関東に残る道を選び、以後、彦部氏は桐生広沢に土着した。関ヶ原の合戦に際しては屋敷から竹竿三百八十本と旗絹を献納、それによって桐生領五十四ヶ村は賦役御免になったという。


DSCF6306.jpg
大手 長屋門



DSCF6341.jpg
主屋 中世の屋敷構えを残している



DSCF6317.jpg
北側に残る空堀


DSCF6345.jpg
搦手に残る櫓台



2015.11.28登城

松本城 晩秋 2015

松本城 晩秋 2015"





2015年晩秋の松本城及び周辺史跡をご覧ください

_DSC0026_convert_20151125214212.jpg


_DSC0028_convert_20151124220649_20151125214724606.jpg


_DSC0014_convert_20151122090316_201511252147230db.jpg


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
長野県松本市丸の内4-1


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

石田堤~石田三成が武威を示すはずで在ったが・・・・・

石田堤 2015.11.22



この堤は、天正18年(1590年)6月、忍城水攻めの際に石田三成によって築かれたことから、石田堤と呼ばれています。

天正18年3月に始まる豊臣秀吉の関東平定に伴い、北条氏に味方する成田氏の居城である忍城は、同年6月、石田三成、大谷吉隆、長束正家らによって包囲されてしまいます。

石田三成らは、地形を見て忍城を水攻めすることにし、全長28kmに及ぶ堤をわずか一週間で作り上げたと言われています。実際には自然堤防や微高地を巧みにつなぎ合わせたものと思われ、現在残っているこの堤も、自然堤防上に1~2m程盛土をしたものです。

こうして堤が完成し、利根川や荒川の水を引き入れましたが、地形的に忍城や城下町よりも現在の下忍や堤根方面に水が溜まってしまい、遂には堤が決壊し、水攻めは失敗に終わります。しかし、北条氏の降伏により、忍城は開城することになりました。

_DSC0044.jpg


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

松本城~現存する日本最古の城、400年の時を刻む2015.11.21

松本城 壱

松本城 弐

松本城歴代城主墓所巡り







_DSC0138_convert_20151122090534.jpg


_DSC0016_convert_20151122090422.jpg


_DSC0014_convert_20151122090316.jpg

松本城は戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城です。黒と白のコントラストがアルプスの山々に映えて見事な景観です。大天守と、泰平の世になって造られた辰巳附檜・月見檜のまとまりは「複合式天守」と呼び、それぞれの時代を象徴しています。この連結複合式天守は松本城だけに見られる特徴的な構造です



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村



海老ヶ島城~宅地となった広大な城郭!!

海老ヶ島城

茨城県筑西市松原字城ノ内



w300h300エビ3


w300h300エビ


w300h300エビ2

w300h300エビ4
海老ヶ島城は、明野町大字松原、現在の字城之内のほぼ中心地に築城されていた。平坦な地に構築され、広さは東西300メートル、南北400メートルで、物見塚や馬場跡、空堀が残存しており、南は平沼、西は西沼、東北では深田が防御線となっている、平城型の城郭である。

「大村郷土史」には、「海老ヶ島城は大字城之内にあり、東西三町、南北四町ばかり、免責は四万坪、今やおうむね民家たり、水田を繞らして、残濠の尚存するあり、南方に塚あり物見という。西に馬場跡があり、中世小田氏の臣、平塚山城守長信之れに居る」とある。

安永年間(1772~80)の海老ヶ島城絵図によると、現在、中城と呼ばれている畑地に、本丸、二の丸、三の丸が存在していた。なお二の丸の南側は平沼へと拡がり、三の丸の側には竜泉院、鈴光寺、大勝寺、成徳院などの四か寺があり、東方の新宿(現在の海老ヶ島)に面して大手門が見られ、その東方に蔵屋敷が配されていた。

また、「お蔵屋敷」と呼ばれる場所は三の丸の西北端にあって、本丸、二の丸、三の丸が、それぞれ堀で構成されていたように、「お蔵屋敷」も堀で囲まれていた跡が見える。この外に三の丸北方の外堀に接して、不動院、弁財天があり、弁財天池は現存している。

三の丸の西方には新善光寺があり、これより離れて宝善院があり、その西隣に「論所の林」があると絵図は描いている。

城絵図が示すように、城郭の周囲は水を湛えた湿地帯が広がり、攻め難い水城の構えを示している。城に出入するには船を利用することが多かったといわれている。とくに城郭の北東部にあたる蔵屋敷に近いところに船着場が設けられ、現在でもその跡が残されている。

城郭内には、寺院が多く建立されていた。現存する竜泉院は、宍戸城主宍戸家秀が西茨城郡泉村(現岩間町)に建立した寺院で、この地に移されたと伝えられる。

竜泉院に入る参道は、現在でもかつての遺構を残しており、鈴光寺西側のやや北寄りの道路に設けられている。その参道の東端に竜泉院の第一山門があった。この山門跡を村人たちは大門と呼んでいる。

海老ヶ島城跡実測図(昭和58年9月、明野町役場作成)によれば、二の丸に面した平沼を除いた外堀の延長は、2025メートルに及ぶ。土塁については消滅部分が多く総延長は不明である。

ともかく本丸及び二の丸を含めた城跡の周囲は、実測によると1995メートルで、中世における平城形式城郭としては規模が大きい、なお本丸の周囲にある堀跡は北側の外堀に続き、これが本丸の西部から平沼へと流れ込んでいる。その堀延長は971メートルで、海老ヶ島城は湿地の中に築かれた水城であった。

また、海老ヶ島城の西北方に、今館と呼ばれる地点があり、出城的遺構が見られる。しかも、その北東部に今館集落があり、古くから比較的大きな集落があったらしい。
筑西市教育委員会

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

金田城~丘陵の中に忽然と遺構が!!

金田城



茨城県つくば市金田字館山

DSC_0068_convert_20151117202718.jpg


DSC_0010_convert_20151117202842.jpg


DSC_0062_convert_20151117202816.jpg

現在は、人が住んでいない民家の脇の畦道を山へ進んで行けば見事な遺構を見る事ができる。
残る遺構は、単郭であるが城の遺構から見て佐竹などの大きな勢力による改修がなされ、現在みられる単郭でなく西側にも城郭は広がっていたのではないだろうか。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

古城巡り-2014 Best Selection

古城巡り-2014 Best Selection



2014年のベストセレクションです、あくまでも個人的なものです。

無題123


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

淀城 淀古城~二の淀城

淀城 淀古城



淀城  京都府京都市伏見区淀本町

淀は「与渡津」(淀の港の意)と呼ばれ、古代には諸国からの貢納物や西日本から都に運ばれる海産物や塩の陸揚げを集積する商業地であった。また、河内国・摂津国方面や大和国方面から山城国・京洛に入る要衝であった。

淀城は、宇治川、桂川の合流付近の川中島、現在の京都市伏見区の京阪電気鉄道淀駅の南西に位置する。安土桃山時代、豊臣秀吉が、側室茶々の産所として築かせた淀城は現在の位置より北へ約500メートルの位置にあった。こちらは、鶴松死後に拾丸誕生後養子となっていた豊臣秀次が謀反の疑いを掛けられた際、城主であった木村重茲の連座とともに廃城とされた。

江戸時代に、木幡山にあった徳川氏の伏見城の廃城により、その代わりとして江戸幕府が松平定綱に命じて新たに築かせた。以降は、山城国唯一の大名家の居城として明治に至った。


本丸石垣と堀跡
『徳川実紀』によると1623年(元和9年)8月、2代将軍徳川秀忠からの命で松平定綱が淀藩へ所領3万5千石で入部を命じられた。その後『淀下津町記録』によると河村右衛門の屋敷跡に江戸幕府の援助によって築城された。松平定綱は淀城の最初の城主となる。また『淀古今真佐子』によると、廃城となった伏見城の資材を転用、二条城の天守を移築し築かれたと伝えられている。城郭は1625年(寛永2年)にほぼ完成した。翌1626年(寛永3年)6月には徳川秀忠が、また同年8月には徳川家光が淀城の縄張りを調べに来城したようである。

その後、松平定綱は備中国へ移封され、永井尚政が10万石で入部し城下町の拡張と侍屋敷の造営が行われた。その後1669年(寛文9年)には石川憲之、1711年(正徳元年)には戸田光熈、1717年(享保2年)には松平乗邑が6万石で入部した。その松平乗邑も下総国に転じた後は1723年(享保8年)に稲葉正知が10万石で城主となったのち、幕末まで稲葉氏が城主を務めた。1756年(宝暦6年)の落雷により天守や建物の大半が焼失し、徳川幕府は再建に1万両を淀藩に貸し付けたようだが、天守や本丸御殿は再建されなかった。

幕末、旧幕府軍は鳥羽・伏見の戦いに敗北して淀城に籠もろうとするが、淀藩に拒絶された。淀城は大坂城などとともに西国に睨みを利かすために築城されたが、皮肉にも官軍の勝利に一役買うことになった。この時の兵火で淀城の城下町と城内の一部が焼亡してしまった。

淀藩の廃藩に伴い、早くから淀城は廃城となる。淀城東部にあった巨椋池の干拓によって地形が大きくかわり、本丸の一部を除いてすべて破壊された。さらに、本丸南東部を京阪電気鉄道(京阪本線)が貫通するに及び、淀城の消滅は必至となるが、このころになってようやく保存運動が高まり、今日は本丸周辺の整備が進み、開発の手を免れた石垣及び堀が保存されている
Wikipedia:ウィキペディア
DSC_0045_convert_20151115073621.jpg

淀古城  京都府京都市伏見区納所北城堀

DSC_0070_convert_20151115073745.jpg

この城の文献上初見は『東院年中行事』の文明10年(1478年)8月1日に

山城守護代遊佐弾正の代(中略)神保与三佐衛門淀へ入部す

—東院年中行事

とあり山城の守護所として記されている。守護畠山政長が応仁の乱に西軍の畠山義就に備えるため、守護所を勝竜寺城から当城に移したのではないかと思われている。その後明応2年(1493年)以降に細川氏が山城を掌握すると守護代級の被官によって守衛され、摂津と河内の抑えの城として使用されてきた。

淀古城は水陸交通の要街として槇島城と並ぶ山城国洛南の二大軍事拠点の一つであった。また西国方面の海産物の集荷市場、魚市場があり、対岸の山崎城と並んで京都の要害で、淀古城の東側には現在は存在していない巨椋池が広がっていたと思われている。

1890年(明治23年)の『測量の仮製図』によると、堀跡と納所集落の東側に土塁が記載されていたが、現在跡地には、宅地化、耕作地、納所小学校が建っており、唯一妙教寺に石碑が建つのみで、北城堀や小字城堀という地名が僅かにその面影を留めている。淀古城については数多い歴史があるが、近隣の淀城と違って城郭は不明な点が多い。天守に関しても詳細は不明であるが、『駒井日記』には淀古城の天守が存在していた事が記載されている。淀古城が廃城の後、多くの資材は伏見城建築に使用されたようである。またその後淀城築城の際にはその伏見城から資材が流用された。
Wikipedia:ウィキペディア

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村