古城巡り 写真館

CATEGORY PAGE

星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

category: 史跡  1/8

那須与一菩提寺 玄性寺 栃木県大田原市

那須与一の墓所は、京都、神戸、大田原にあります。その中でも那須家の菩提寺がある大田原が本墓となっています。近くには、那須与一が乗馬練習をしたという汗馬山もあります、この墓は大田原市重要文化財に指定されています。那須氏菩提寺 那須与一墓所 玄性寺天正18年(1590年)に5歳で那須家を継ぎ、後に那須藩主となった那須資景が建立しました。本寺に那須与一が眠っています。那須氏墓所那須氏墓所那須与一の墓(3番目が与...

  •  0
  •  -

風車の弥七の墓

江戸時代後期の儒者である石川桃蹊の著作である『桃蹊雑話』に登場する松之草村小八兵衛が弥七のモデルであると言及されることがある(松之草村は、かつての茨城県那珂郡緒川村の旧地名)。同書によると、小八兵衛は、もともと忍びの術に長けた盗賊の頭として捕らえられた身であったが、放免後、徳川光圀に対し、領内には盗賊を立ち入らせないと誓い、その存命中には夜盗の心配がなかったと伝えられている者であった。同人の墓は、...

  •  0
  •  -

真間の次橋

真間の継橋(ままのつぎはし)は、千葉県市川市にかつて存在した橋で、日本百名橋の番外に選ばれた。 現在は川自体が存在せず、当地には石碑と説明板、橋の欄干を模した記念物が建てられている当時、この一帯は「真間の入江」と呼ばれる海岸地帯で、蘆の生い茂った砂洲がひろがっていた。 真間の継橋とは下総の国府があった国府台へ向かうための橋で、砂洲を中継地点として複数の板橋を架け渡してあったことからこの名を得たとされ...

  •  0
  •  -

大梅山通化寺 山口県岩国市

807年 (大同2年) の創建と伝えられる黄檗宗の古刹です。幕末には遊撃隊陣営が置かれ、遺跡や遺品が残されています。境内には、自然石をたくみに調和させて築造された、雪舟作と言われている庭園があり、桜やツツジなど花に彩られます。天野氏の墓所も有ります。通化寺観光案内通化寺本堂へ遊撃軍陣遺図説明板軍監に所郁太郎、高橋熊太郎、参謀湯川庄蔵、後藤深造、用掛山田市之允。文久3年6月(1863年7月)、高杉晋作が身分を問わ...

  •  0
  •  -

小野小町の墓・・・?????

小野小町は、絶世の美女とうたわれた平安時代の歌人で、言い伝えによると、京都から奥州(東北地方)に旅する途中、清滝観音から北向観音(石岡市小野越(旧八郷町))へ向かいお参りしたあと病に倒れ、この地の村長、小野源兵衛氏宅で親切な介抱を受けたが、元慶7(883)年7月7日69歳でなくなったといわれている。小野小町墓入り口小野家では、小町がこの世を去って以来、例年7月7日(旧暦)の命日には、代々供養を続け、昔は近郷...

  •  0
  •  -