FC2ブログ

category: 史跡  1/11

多気北畠氏館庭園

現存する南北朝時代の代表的な庭園で、名勝、史跡に指定されている。野性的なこの庭園は当時の地方豪族の美的感覚を表わし、往時の面影を偲ばせている。日本三大武将庭園。...

  •  0
  •  closed

決戦!!長篠・設楽原古戦場 愛知県新城市

長篠・設楽原古戦場 武田関係の史跡長篠・設楽原古戦場 織田軍陣所天正三年四月五日、武田勝頼は一万五千の軍勢を率いて甲府を出馬し、兵わずかに五百人の奥平貞昌が守る長篠城を包囲した。武田軍の猛烈な攻撃により落城を目前にし、救援の使者鳥居強右衛門は強固な包囲網を破り、岡崎に走り使命を果たした後、城に戻ろうとして捕らえられ磔になった。  これに対し織田・徳川連合軍は、三万八千の大軍を設楽原へ繰り出し、馬防柵...

  •  0
  •  closed

【新田荘遺跡】 群馬県太田市

新田荘遺跡 案内図新田荘巡り 壱新田荘巡り 弐群馬県太田市にある荘園跡。新田荘は平安時代末期の12世紀中ごろに成立。源義国(源義家の子)を父とする義重が、現在の太田市西部の早川流域・石田川流域を再開発して19郷を支配下に置き、その後さらに39郷を開発して荘園化した。新田義貞は義重から数えて8代目にあたり、この地には1333年(元弘3)に義貞が後醍醐(ごだいご)天皇の命を受けて鎌倉幕府を滅ぼすために兵を挙げたとさ...

  •  0
  •  closed

富田宿本陣 栃木県栃木市大平町富田

富田交差点を左に曲がったすぐのところに「富田宿本陣跡碑」(左)が建てられている。本陣を務めていたのは和久井家であった。現在は蔵を残し、以外の建物は新しく建て替えられている。例幣使街道徳川家康は死後、朝廷より神号「東照大権現」を下賜され、日光東照社に祀られ神となった。後、東照社は東照宮と改称する宣下を受け、朝廷臨時奉幣使が派遣された。以降、毎年家康の命日の祭礼に「日光例幣使」が派遣されることになった...

  •  0
  •  closed

田中正造生家跡&生家の正造墓所 栃木県佐野市

明治時代に起こった足尾鉱毒問題の解決のために尽力し、波瀾に富んだ生涯を送った田中正造(1841~1913年)の生家です。南側の県道に面して表門が、その右側に2階建ての隠居所があり、その奥に母屋と土蔵があります。隠居所については、昭和24年(1949年)から公民館として使用された時期もありました。昭和32年(1957年)8月30日に栃木県指定史跡となり、平成5年(1993年)の栃木県史跡追加指定の時...

  •  0
  •  closed