星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 武士の終焉~墓所&供養塔 - 1ページ目77 - 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

桐生氏菩提寺 西方寺 群馬県桐生市
READ MORE

桐生氏菩提寺 西方寺 群馬県桐生市

桐生氏菩提寺 西方寺 本堂 西方寺の創建は鎌倉時代の安貞年間(1227~1229年)、野州(現在の栃木県)の領主だった宇都宮頼綱(実信房蓮生)が出家、その親類縁者により堂宇(阿弥陀堂)が建立されたのが始まりと伝えられています。正平5年(1350)、当時の領主、桐生国綱が桐生城を築城した際、阿弥陀堂を改めて寺院として境内を整備し歴代の菩提寺とし寺号を「入道人西(国綱の称号)」から「西方寺」に改めまし...
0
柿崎景家 楞厳寺:菩提寺 新潟県上越市
READ MORE

柿崎景家 楞厳寺:菩提寺 新潟県上越市

楞厳寺 柿崎景家:菩提寺上杉謙信麾下筆頭の猛将で中頸城郡柿崎城・猿毛城主。和泉守を称し奉行職を務めた。永禄四年の川中島の合戦の際には先鋒騎馬大将を務め奮戦。北条氏康との越相同盟締結時には子の晴家を人質として小田原に送った。後に馬の売買に絡んで信長内通の濡れ衣を着せられ、越後水島の地で切腹。没年は天正二(1574)年説もある。 新潟県柿崎町の楞巌寺(柿崎景家菩提寺)にある景家の墓で、法名は「大乗院殿籌山...
0
前田慶次供養塔 堂森善光寺 山形県米沢市
READ MORE

前田慶次供養塔 堂森善光寺 山形県米沢市

堂森善光寺当寺は善光寺阿弥陀堂の別当として建立され、特に鎌倉時代には地域住民の信仰を集め、室町時代・江戸時代の領主をはじめ領民の阿弥陀信仰の拠点として栄えた。境内の鐘楼堂には天保九年(1838)七月に鋳造された梵鐘があり、その鐘銘に大同二年(807)に創建されたと刻してあることから、寺歴不詳ながら平安時代以前に開山されたとものと思われる。 中世期には当寺において大般若経の写経事業が盛んに行われ、現...
0
石田三成供養碑 法泉寺 山形県米沢市
READ MORE

石田三成供養碑 法泉寺 山形県米沢市

石田三成供養碑 法泉寺関が原の戦い後,直江兼続が石田三成の遺子を米沢に引き取ったことは知られています(子孫の方が米沢在住)が,直江兼続が死の前年に開いた禅林寺(現法泉寺)に,住職から住職へと語り伝えられた石田三成の供養碑があります。場所は,文殊堂(法泉寺北側)の境内に入って左手。境内には他にもさまざまな碑が建っていますが,それらは皆ここ50年ほどのものとのこと。石田三成供養碑と伝えられる碑だけが格...
0
直江兼続・お船墓所 林泉寺 山形県米沢市
READ MORE

直江兼続・お船墓所 林泉寺 山形県米沢市

直江兼続とお船の墓生誕から謙信時代越後上田庄(うえだのしょう)で生まれた。通説では、永禄3年(1560年)に樋口兼豊(木曾義仲の重臣・今井兼平の兄弟である樋口兼光の子孫と言われている)の長男として、坂戸城下(現在の新潟県南魚沼市)に生まれたとする説と、現在の南魚沼郡湯沢町に樋口姓が多いことから湯沢で生まれたとする説がある。父・兼豊の身分についても見解が分かれている。米沢藩の記録書『古代士籍』『上田士籍...
0