FC2ブログ

category: 武士の終焉~墓所&供養塔  1/7

樋口次郎兼光の墓 長野県上伊那郡辰野町

樋口次郎兼光は、木曽義仲に従い倶利伽羅峠の戦いなどで活躍した平安時代末期の武将。近江国粟津(滋賀県大津市)で、源範頼・義経の追討軍に敗れ、義仲とともに戦死したとも、義仲討死の報に接し、京に戻った後に捕らえられ殺されたなど、その最後をめぐっては諸説伝えられています。辰野町樋口は、兼光が館を構えていた場所で、兼光死後、家来が遺髪を形見に戻り、真言宗香蓮寺に納め菩提を弔いました。・・・・・・・・・・兼光...

  •  0
  •  closed

常繁寺 (逆井氏菩提寺) 茨城県坂東市

逆井氏菩提寺 常繁寺逆井家は小山義政(藤原秀郷流小山氏の第11代当主・下野祇園城城主)の5男小山尾張守常宗が下総国猿島郡逆井領を与えられ地名から逆井氏を称したのが始まりとされます。常宗は宝徳2年(1450)に逆井城を築き、享徳5年(1456)には星智寺(現在は大宝八幡宮が所有)に梵鐘を寄進するなど一定以上の勢力があったとされ古河公方足利家に与し、対小田原北条家の最前線を担っていました。その後、貫利...

  •  0
  •  closed

萩藩主毛利家墓所 香山公園 山口県山口市

この墓所は萩市に所在する旧天樹院、大照院、東光寺毛利家墓所とともに長州藩主(毛利本家)の墓所です。萩市に所在の場所は五輪問、笠塔婆形であるのに比してこの墓所は土饅頭の全面に墓石を立てる形式になります。墓所には七基の墓が有り中央の13代敬親公夫婦の墓は高さ約18m、経約5.8mの円形の墓であり「贈従一位大江源臣敬親卿墓」刻してあります。そのほか、14代元徳公夫婦15代元照公夫婦及び毛利本家歴代諸霊之墓が...

  •  0
  •  closed

大内義隆主従供養塔 龍福寺 山口県山口市

大内義隆は大内氏の第16代当主 。第15当主・大内義興の嫡男。母は正室の内藤弘矩の娘。周防・長門・石見・安芸・豊前・筑前の守護を務めた。官位は従二位兵部卿兼大宰大弐兼侍従。また義隆の時代には大内文化が爛熟し、西国の地方政権大内政権を築いて大内家は領土的に全盛期を迎えたが、文治政治に不満を抱いた一族でもある家臣の陶隆房に謀反を起こされ、義隆と一族は自害して、大内家は事実上滅亡した。 大内義隆菩提寺、龍福寺...

  •  0
  •  closed

萩藩主毛利家墓所 東光寺 山口県萩市

吉田松陰誕生地近くの萩市大字椿東字椎原にあり、元禄四年(1691年)萩藩三代藩主毛利吉就(よしなり)(1668-1694)が建立しました。吉就は若くして黄檗宗に帰依して、本山黄檗万福寺に範を求めて広壮な堂を建立し、萩出身の高僧慧極道明禅師を開山に迎えました。吉就の没後、ここを墓所とし毛利氏の菩提寺となりました。三門(国指定・重要文化財)この門は東光寺が創建されて百二十一年後の文化九年(1812年)九月十九日に竣工...

  •  0
  •  closed