星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

土浦城に残る建築遺構

改 亀城公園



本丸西櫓
本丸西櫓
土浦城本丸の土塁上の東西には、江戸時代初期四代藩主西尾忠照が元和6(1620)~7年にかけて築いたおのおの二層の物見櫓があった。東櫓は明治17(1884)年に本丸館とともに火災で消失、西櫓も昭和24年のキティ台風で破損し取り壊された。その後、西櫓が平成2年、東櫓が平成10(1998)年に復元された。




本丸櫓門(太鼓門)
本丸櫓門
土浦城櫓門は、本丸、二の丸の遺跡とともに茨城県の文化財に指定されている。火災や戦災などで各地の城郭建築が失われた今日において、とくに櫓門は江戸時代前期の建物としては関東地方唯一のもので土浦城の象徴でもある。もともと本丸の楼門であったものを、明暦2(1656)年、五代藩主朽木稙綱が櫓門に改築したもので、2階に大太鼓を置き時刻を知らせたことから、別名、太鼓櫓ともいわれる





移築された旧前川口門
前川口門(移築)
現在、二の丸門へ移築されている高麗門。水戸街道が整備されるより以前からあったものと考えられるらしい。




霞門
霞門(本丸裏門)
本丸裏門で、九代藩主松平信興によって建てられた。





本丸の西櫓
本丸東櫓
土浦城本丸の土塁上の東西には、江戸時代初期四代藩主西尾忠照が元和6(1620)~7年にかけて築いたおのおの二層の物見櫓があった。東櫓は明治17(1884)年に本丸館とともに火災で消失、西櫓も昭和24年のキティ台風で破損し取り壊された。その後、西櫓が平成2年、東櫓が平成10(1998)年に復元された。

スポンサーサイト

忍城の桜 埼玉県行田市

_DSC1380改1




_DSC1373改

丸墓山古墳 埼玉県行田市

_DSC1267改





_DSC1253改





_DSC1245改

石戸蒲ザクラ 埼玉県北本市

_DSC1327改

忍城 2019.3.31

忍城 20190325