星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

平戸城・伊万里城

平戸城・伊万里城



平戸城 長崎県平戸市

平戸城

平戸城は、別名亀岡城と呼ばれ、平戸瀬戸に突出した平山城である。 第29代天祥鎮信は、平戸古城の再築(日の岳城を1599年築城、1613年焼く)を図り、山鹿素行と共に設計を行い、1704年30代雄香棟が着工、1718年(享保3)31代松英篤信の時亀岡城として落成した。 山鹿流による築城は他には聞かれない。 現在の城は1962年(昭和37)復元(天守閣三層五階建)され、その後櫓も随時整備された。天守閣からの眺めは素晴らしい

伊万里城 長崎県伊万里市

伊万里城

「伊万里城は、中世(鎌倉・室町・戦国・安土桃山時代)に、伊万里浦を治めた松浦党の伊万里氏の居城とされています。松浦党は中世に西北九州を根拠地にして活躍した水軍です。およそ八〇〇年前の鎌倉時代の初期に、松浦党の一族で伊万里氏の祖、峯上が築城したと伝えられています。
 現在は、高さ約四二メートル、南北約二七〇メートル、東西約百三〇メートルの丘ですが、当時は伊万里湾に突き出した岬状の地形で、湾内を展望し、伊万里川や白野川、脇田川の河口部を支配するのに絶好の場所だったと思われます。
 正中二年(1325)ごろの伊万里氏は、伊万里浦、福島、波多津浦田平町蒲田浦と青崎、佐世保市矢岳、神埼郡神埼庄の一部(元寇恩賞地)を領地とし、五島の海夫集団を掌握しており、松浦党の有力家でした。
 しかし天正四年(1576)、伊万里兵部大輔治のとき、佐賀の戦国大名、龍造寺隆信に攻められて、伊万里城は落城しました。
 北東側の陣内の丘に『鶴亀城由縁之霊』と刻まれた石碑があり、戦死者の供養碑と考えられています。
 明治時代以後、伊万里城跡は『城山」と呼ばれて公園になりましたが、第二次世界大戦中は敵の飛行機をみはる対空監視哨が置かれたこともあります。現在は、伊万里富士(腰岳)や市街地を見晴す景勝の地、桜の名所として市民にしたしまれています。」

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

スポンサーサイト