星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

大洲城~ここにも藤堂高虎の名が!!

大洲城






 肱川の河畔に望む大洲城は、元弘元年(1331年)鎌倉時代末期に守護として国入りした伊予宇都宮氏の宇都宮豊房によって築城されたといわれ、その後、藤堂高虎等によって大規模に修築がなされ、伊予大洲藩の政治と経済の中心地として城下町は繁栄していきました。
 明治維新後は、城内のほとんどの建築物が破却されたものの、地元住民の活動によって本丸の天守・櫓は一部保存されましたが、明治21年(1888年)老朽化により、惜しくも天守は解体されました。
 その後、大洲城を愛する地元住民の城郭への保護活動と、市民による寄付等によって平成16年(2004年)に復元されました。
 四層四階の複連結式天守の復元にあたっては、明治時代の古写真や「天守雛形」と呼ばれる江戸期の木組み模型など豊富な資料を基に当時の姿を正確に復元されました。このように復元に必要な多くの資料が残っていることは大変稀なことで、大洲城の天守の復元は、まさに地元住民の想いと、史料研究の集大成と言えます。
 現在、江戸時代から残る台所櫓・南隅櫓など4棟の櫓は国の重要文化財、城跡一帯が県指定史跡に指定されています。




大洲城 天守1
大洲城 木造復元天守




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

スポンサーサイト

宇和島城~藤堂高虎築城

宇和島城








伊達十万石の城下町”と呼ばれ、江戸時代から四国西南地域の中心として発展してきた宇和島市は、日本屈指のリアス式海岸地帯にあります。城はその最深部、現市街地のほぼ中央にあり、慶長元~6年(1596~1601)の藤堂高虎創建時には大半が海に面する地形を巧みに活かした縄張となっていました。石垣や天守、矢倉は、元和元年(1615)に入部した伊達家により修築されていきますが、基本的な城構えは高虎時代のものを引き継いでいます。
現在、堀はすべて埋められ、三之丸をはじめ総郭部分約28万平方メートルは失われてしまいましたが、本丸・二之丸などの郭を含む約10万平方メートルの城山は、国史跡(昭和12年)に、現存12天守の1つに数えられる天守は国重要文化財(昭和9年)、そして南側登城口城門の上り立ち門は市指定文化財(昭和38年)に指定されています。




宇和島城 天守
宇和島城 天守



宇和島城 絵図現地説明板より
宇和島城 絵図現地説明板より





大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

松山城~瓦には葵の御紋

松山城 ~良門東続櫓~馬具櫓

松山城 ~太鼓門~黒門 松前城









2013年1月27日 愛媛県 松山城 日本100名城  
加藤嘉明が関ヶ原の戦いの戦功により伊予を与えられた勝山山頂に本丸を置き、麓に二の丸と三の丸を設けた平山城である。

w300h30051ECNPQS松山


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

今治城~藤堂高虎の水城

今治城

愛媛県 今治城 2013年1月27日 日本100名城 藤堂高虎の築城により、日本初の層塔型天守で当時最新式の天守であった
又直線的な城壁で囲まれた曲輪に、高石垣と広大な水堀を巡らした画期的な城が完成した。



w300h300今治

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

湯築城~道後温泉側の城

湯築城

2013年1月26日 愛媛 湯築城 日本100名城伊予国守御所として河野氏の余伊予統治の中心となた
城は、丘陵部と平地部からなり発掘調査の成果に基に武家屋敷、土塀、道路、排水幸溝の復元
がなされている。

w300h300ehime



にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村