星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

淀城 淀古城~二の淀城

淀城 淀古城



淀城  京都府京都市伏見区淀本町

淀は「与渡津」(淀の港の意)と呼ばれ、古代には諸国からの貢納物や西日本から都に運ばれる海産物や塩の陸揚げを集積する商業地であった。また、河内国・摂津国方面や大和国方面から山城国・京洛に入る要衝であった。

淀城は、宇治川、桂川の合流付近の川中島、現在の京都市伏見区の京阪電気鉄道淀駅の南西に位置する。安土桃山時代、豊臣秀吉が、側室茶々の産所として築かせた淀城は現在の位置より北へ約500メートルの位置にあった。こちらは、鶴松死後に拾丸誕生後養子となっていた豊臣秀次が謀反の疑いを掛けられた際、城主であった木村重茲の連座とともに廃城とされた。

江戸時代に、木幡山にあった徳川氏の伏見城の廃城により、その代わりとして江戸幕府が松平定綱に命じて新たに築かせた。以降は、山城国唯一の大名家の居城として明治に至った。


本丸石垣と堀跡
『徳川実紀』によると1623年(元和9年)8月、2代将軍徳川秀忠からの命で松平定綱が淀藩へ所領3万5千石で入部を命じられた。その後『淀下津町記録』によると河村右衛門の屋敷跡に江戸幕府の援助によって築城された。松平定綱は淀城の最初の城主となる。また『淀古今真佐子』によると、廃城となった伏見城の資材を転用、二条城の天守を移築し築かれたと伝えられている。城郭は1625年(寛永2年)にほぼ完成した。翌1626年(寛永3年)6月には徳川秀忠が、また同年8月には徳川家光が淀城の縄張りを調べに来城したようである。

その後、松平定綱は備中国へ移封され、永井尚政が10万石で入部し城下町の拡張と侍屋敷の造営が行われた。その後1669年(寛文9年)には石川憲之、1711年(正徳元年)には戸田光熈、1717年(享保2年)には松平乗邑が6万石で入部した。その松平乗邑も下総国に転じた後は1723年(享保8年)に稲葉正知が10万石で城主となったのち、幕末まで稲葉氏が城主を務めた。1756年(宝暦6年)の落雷により天守や建物の大半が焼失し、徳川幕府は再建に1万両を淀藩に貸し付けたようだが、天守や本丸御殿は再建されなかった。

幕末、旧幕府軍は鳥羽・伏見の戦いに敗北して淀城に籠もろうとするが、淀藩に拒絶された。淀城は大坂城などとともに西国に睨みを利かすために築城されたが、皮肉にも官軍の勝利に一役買うことになった。この時の兵火で淀城の城下町と城内の一部が焼亡してしまった。

淀藩の廃藩に伴い、早くから淀城は廃城となる。淀城東部にあった巨椋池の干拓によって地形が大きくかわり、本丸の一部を除いてすべて破壊された。さらに、本丸南東部を京阪電気鉄道(京阪本線)が貫通するに及び、淀城の消滅は必至となるが、このころになってようやく保存運動が高まり、今日は本丸周辺の整備が進み、開発の手を免れた石垣及び堀が保存されている
Wikipedia:ウィキペディア
DSC_0045_convert_20151115073621.jpg

淀古城  京都府京都市伏見区納所北城堀

DSC_0070_convert_20151115073745.jpg

この城の文献上初見は『東院年中行事』の文明10年(1478年)8月1日に

山城守護代遊佐弾正の代(中略)神保与三佐衛門淀へ入部す

—東院年中行事

とあり山城の守護所として記されている。守護畠山政長が応仁の乱に西軍の畠山義就に備えるため、守護所を勝竜寺城から当城に移したのではないかと思われている。その後明応2年(1493年)以降に細川氏が山城を掌握すると守護代級の被官によって守衛され、摂津と河内の抑えの城として使用されてきた。

淀古城は水陸交通の要街として槇島城と並ぶ山城国洛南の二大軍事拠点の一つであった。また西国方面の海産物の集荷市場、魚市場があり、対岸の山崎城と並んで京都の要害で、淀古城の東側には現在は存在していない巨椋池が広がっていたと思われている。

1890年(明治23年)の『測量の仮製図』によると、堀跡と納所集落の東側に土塁が記載されていたが、現在跡地には、宅地化、耕作地、納所小学校が建っており、唯一妙教寺に石碑が建つのみで、北城堀や小字城堀という地名が僅かにその面影を留めている。淀古城については数多い歴史があるが、近隣の淀城と違って城郭は不明な点が多い。天守に関しても詳細は不明であるが、『駒井日記』には淀古城の天守が存在していた事が記載されている。淀古城が廃城の後、多くの資材は伏見城建築に使用されたようである。またその後淀城築城の際にはその伏見城から資材が流用された。
Wikipedia:ウィキペディア

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

勝竜寺城 神足城 開田城~史跡を巡

勝竜寺城 神足城 開田城



恵解山古墳

古墳時代中期(今から約1600年前)に造られた前方後円墳です。古墳の大きさは全長128m、後円部の直径約78.6m、前方部の幅約78.6mで、乙訓地域最大の規模を有しています。古墳の周囲には幅約25mの浅い周濠(しゅうごう)があり、周濠を含めた古墳の全長は約180mに及びます。
築かれた当時は斜面全体に石が葺(ふ)かれ、平らなところには埴輪(はにわ)が立て並べられていました。古墳に葬られた人物の名前は記録に残っていませんが、古墳の大きさなどから少なくとも乙訓地域の全域を支配した実力者の墓であったと考えられます。

恵解山古墳では、昭和55年、墓地拡張工事の際に前方部の中央付近からで鉄器が出土し、長岡京市教育委員会が緊急調査を行いました。調査の結果、鉄製の武器(大刀146点前後、剣11点、槍57点以上、短刀1点、刀子10点、弓矢の鏃472点余り、ヤス状鉄製品5点)など総数約700点を納めた武器類埋納施設が発見されました。古墳からこのように多量の鉄製武器が出土した例は京都府内にはなく、全国的に見ても非常に珍しく貴重であることから、恵解山古墳は昭和56年10月国史跡に指定され、鉄製武器などの出土品は平成11年に府指定文化財に指定されました。

DSC_0079_convert_20151115065942.jpg

勝竜寺城

DSC_0139_convert_20151115070020.jpg


DSC_0115_convert_20151115070108.jpg
勝龍寺城は暦応2年(1339)、足利尊氏の命により細川頼春によって築城されました。 天正6年(1578)、明智光秀の娘、玉(後のガラシャ夫人)が、細川忠興に嫁ぎ、2年間、この城で幸福な新婚時代を過ごしました。

本能寺の変の後、山崎の合戦では光秀がこの城に本陣を構えました。 勝竜寺城公園は平成4年(1992)、勝龍寺城跡に造られた都市公園で、「日本の歴史公園100選」にも選ばれています。

神足城

DSC_0192_convert_20151115070217.jpg

現存する土塁と空堀は、細川藤孝が元亀二年(1571)に城の大改修で造営したものです。土塁と空堀の他、土橋と横矢の掛る土塁が残されています。神足神社の東側は、昭和五十九年(1984)に消滅しましたが、発掘調査で土塁と空堀の比高が約六メートルあること、新たに土塁下から六世紀後半の方墳である神足古墳が確認されました。
 勝龍寺城外郭に位置する神足屋敷は、藤孝が国人神足氏の居館である神足城を勝龍寺城に組み込んだものと考えられます。
 平成十二年の調査では、土塁の手前で止まる南北方向の塀と、土塁を調節する溝を確認しました。絵図にない堀はこれまでにも見つかっていますが、新たな堀の発見は城の細部を明らかにする上で貴重な手がかりとなります。このほか、菊一稲荷社で使われたとみられる灯明皿と狐の土人形が空堀から出土しています。

勝龍寺城の土塁です。  神足城がいつ頃築城されたのかは不明だが、神足村の土豪神足氏の居館であったとされている。神足一帯は九条家の荘園となっており、神足氏はその管理をしていたようである。
 永正元年(1504)九月、管領細川氏の内紛に巻き込まれた神足氏は神足城を失うこととなる。その後にこの地に入ったのは細川氏の重臣香西元能であったが、香西が現地で私腹を肥やすようになることで九条家との確執が強まるようになっていく。(『京都乙訓・西岡の戦国時代と物集女城』文理閣刊参照)
 やがて神足城があった一帯は細川藤孝が勝龍寺城を拡張した際に飲み込まれてしまい、いつしか消滅してしまった。
『現地案内板』より

開田城

戦国時代にこの地域を領した土豪である中小路氏によって築かれたもので、約70m四方方形の縄張りで周囲に土塁と堀を構築していたそうです。 現在、開田バス停西側に“開田城土塁公園”として城の西辺の土塁(一部復元)が保存されています。現地にあった案内板によれば、土塁の東側のマンションのエントランスに開田城の復元模型が展示されていて誰でも見学可能です。

DSC_0217_convert_20151115070351.jpg


DSC_0221_convert_20151115070411.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村


京都史跡巡り~2013.11.23

京都史跡巡り 壱

京都史跡巡り 弐

晩秋の京都、二条城周辺と京都御所周辺の史跡の紹介です。

京都2


京都1






にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

二条城~甦る徳川の栄華!!

二条城

京都府京都市

二条城1

二条城天守台

聚楽第





徳川幕府における京都の拠点となった二条城は、徳川家康が慶長8年(1603年)に京の宿館として建設した平城。家康と豊臣秀頼との会見場所となったほか、幕末の慶応3年(1867年)には15代将軍慶喜がここで大政奉還を行った。
旧桂宮御殿を移した本丸(重要文化財)と豪壮な二之丸御殿(国宝)からなる。 二之丸御殿の絢爛豪華な建築と障壁画は目をみはる。
城内は史跡、二之丸庭園は特別名勝に指定されている。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

京都伏見区城館・史跡~2014.1

京都伏見区城館・史跡

2014年の年明けに、巡った京都伏見区の城館、史跡ですご覧ください

・福島正則屋敷跡(推定)
・御香宮神社
・伏見奉行所(桃陵団地)
・鳥羽伏見の戦弾痕跡(京料理 魚三桜)
・源空寺(伏見城門・朝日大黒天~伏見城辰巳櫓に祀られていた)
・大黒寺(西郷隆盛密談の部屋・寺田屋殉難九烈士之墓)
・島津伏見屋敷
・寺田屋(再建
・伏見土佐藩邸
・会津藩駐屯地(伏見御堂)
・松平筑前屋敷(不明)
・明治天皇陵~伏見城本丸

池田や


伏見城本丸


伏見本丸から




にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村