星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 三重県 - 1ページ目37 - 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

百地丹波城 三重県伊賀市
READ MORE

百地丹波城 三重県伊賀市

百地丹波城伊賀三大上忍の一人とされる百地丹波守の砦跡で、近くに菩提寺である青雲禅寺があります。また、百地伝説にまつわる式部塚があり、縁切り祈願のお参りが今もあります。百地氏は伊賀流の忍者、百地丹波守が有名ですが、史実としてはほとんどわかっていません。しかし、天文十三年(1544)の史料に「喰代百地殿」と見えることから、戦国時代には北伊賀地域の有力な土豪うとして知られていたようです。百地氏城跡に代表される...
0
柏野城 三重県伊賀市
READ MORE

柏野城 三重県伊賀市

柏野城(別名・福島城)は、築城年代は定かではないが、福島宗雄によって築かれたといわれています。平成元年4月、市指定史跡に指定。天正9年(1581)9月27日、丹羽長秀、滝川益一ら12,000余りの織田軍が柘植口から攻め入り、柏野城には伊賀北東部の伊賀衆が立て籠って抗戦しましたが多勢に無勢でたちまちのうちに敗れました。この他にも、伊賀地区には中世城館跡が500ヵ所以上あり、代表的なものに福地城跡や竹島城跡、壬生野城跡があ...
0
福地城 三重県伊賀市
READ MORE

福地城 三重県伊賀市

福地城城主の福地氏は、平清盛の末裔を称した土豪で、柘植の有力な国人「柘植三方(日置氏・北村氏・福地氏)」を構成した氏族。祈願寺は長福寺(現・万寿寺)と推定され、本尊の地蔵菩薩像の内部から発見された南北朝時代の文書に「ふくちの御てら」とある。この文書には「やなき」という女性から「ふくちの御てらの了賢房」へ宛てた書状が含まれるが、了賢房はやなきの子で、いずれも福地氏の一族と推定される。福地氏は正長2年...
0
伊賀上野城 三重県伊賀市
READ MORE

伊賀上野城 三重県伊賀市

伊賀上野城天正13年(1585)に筒井定次が平楽寺・薬師寺のあった台地に近世城郭としての伊賀上野城を築きました。菊岡如幻の『伊水温故(いすいうんご)』によれば、城は高丘の頂上を本丸とし、東寄りに三層の天守閣を建て、城下町は古くから開けた北側(現在の小田町)を中心としました。慶長13年(1608)6月、筒井定次は改易となりましたが天守閣は、寛永10年(1633)頃に倒壊したと推定されます。伊賀上野 筒井氏時代天守跡伊...
0
峰城 古城~伊勢
READ MORE

峰城 古城~伊勢

峰城 古城峰城 亀山市川崎森4155正平22年(1367)関実治の5男政実の築城で6代ここに居城した。政実は、峯氏を名乗り、川崎村森集落(現川崎町森)の北東、谷を隔てた自然の要害に城を築いた。城域は東西135メートル南北72メートルあり本丸の東南よりに天守台の跡がある。創建年代:室町時代古城 三重県亀山市川崎町一色唯願寺(真宗高田派)前の道から主曲輪への虎口部が確認できるが、道路によって取り崩され東側の自然谷から虎口...
0