星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

森寺城・阿尾城 富山県氷見市

森寺城・阿尾城






森寺城跡は、石垣を持つ氷見市内最大規模の中世城郭です。その広さは、南北約1.2km、東西約0.5kmにもおよびます。16世紀初め頃に能登守護畠山氏の越中進出の拠点として築城され、その後上杉氏支城を経て、織田方の支城となりました。城内には、土塁・堀切・竪堀などの防御遺構と本丸・二の丸の出入口や土塁などに築かれた石垣が残っています。別名「湯山城」とも呼ばれています。中世城郭の本格的な石垣は、富山県内では、本城のみに見られるものです



森寺城
森寺城入り口




森寺城の石垣
森寺城の石垣



大伴家持の歌に「東風が強く吹くところ」と詠まれた景勝地。海に突き出す断崖の城跡です。阿尾城跡は県指定史跡であり、16世紀中頃に越中と能登の交通の要であるこの地に菊池武勝の居城として戦国時代末に築城されたといわれています。山を負い海に臨み、築城に適した地形であり、戦術上、「越中の府」といわれていた慶次郎ゆかりの地です。現在は公園として整備され、伝本丸には3mくらいの展望台が設置されています



阿尾城
阿尾城 城址碑

スポンサーサイト

高岡城 魚津城~富山

高岡城 魚津城



高岡城 富山県高岡市
 「高岡城跡」は慶長14年(1609)、前田利長の築城。6年後の廃城の後も長らく保存されました。明治8年(1875)に公園として開放されて以来、市民の憩いの場となっています。
 築城以来、二の丸、三の丸などの馬出郭が当時のまま残り、特に水堀はほぼ完全な形で保存されており、近世の政治・軍事状況や築城技術を知るうえで貴重であると評価され、平成27年3月10日、国史跡に指定されました。
 城跡内の下(南)方が高岡市立博物館。上(北)方に見えるのが二上山(守山城跡)です。

w300h300高岡城

魚津城 富山県魚津市本町1-10-39 
旧魚津市街地の中心部に位置する平城で、椎名孫八入道胤明が建武2年(1335年)に築城と伝わっていますが定かではありません。
北陸道の押さえとなる一方、松倉城への主要ルートと考えられる角川の河口に位置する海陸の交通の要所でもありました。
天正10~11年に織田勢が上杉方を制して以来、佐々成政、次いで前田利家の支配下となり、江戸時代初期には廃城となりましたが、重要な地にあることから、加賀藩は米蔵や武器庫を置いて万一に備え、周囲に郡代行や奉行所などを配したので、魚津街は近世城下町として新川群の政治・軍事の中心として繁栄しました。
明治初期ごろまで、堀や土塁などが残されていましたが、のちに破壊されて当時を偲ぶものは何もありません。城址の様子は天明5年(1785年)の「越中魚津街惣絵図」に描かれており、これによると本丸とそれを三方から囲む二の丸が見てとれますが、二の丸は元々四方を囲むものであったと推定されます。
現在、その跡地には大町小学校が建っています。

w300h300Y0GOK5HN魚津城

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村