星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

式部城 長野県佐久市






式部城@式部氏居館@ヤマシロ
㊟イメ-ジ図になります(*・`ω´・)ゞ





詳細不明。城主は阿江木氏が伝えられる。
式部城は式部集落の南西にある比高80m程の山に築かれている。式部公民館の前に式部居館があり、館と詰城の関係と推測される。
主郭は北へ伸びた尾根の先端にあり、南背後の尾根を4重の大堀切で遮断し、堀切は竪堀として長く伸びている。主郭は堀切に面して高土塁が残る。





式部氏居館跡の土塁
式部氏居館跡の土塁(説明板有り)

*今回は雨天の為、コンデジを使用の為不鮮明な写真になります(。>ω<。)ノ



突き当りが、式部城登城口
突き当りが、式部城登城口




式部城の綺麗な腰郭
式部城の綺麗な腰郭




式部城の主郭 背後に土塁
式部城の主郭 背後に土塁




主郭側面の石積痕
主郭側面の石積痕??




主郭背後の堀切、ここから4本連続する!!
主郭背後の堀切、ここから4本連続する!!





[長野県佐久市布施2611−3]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

スポンサーサイト

春日城 長野県佐久市





春日城@ヤマシロ
㊟イメ-ジ図になります♪(/・ω・)/ ♪





築城時期は不明だが、鎌倉期初頭から室町時代にかけて、この地を祢津氏庶流春日氏が支配していたため、春日氏の者による築城を思われる。
永正13年(1515年)、信濃国の佐久郡望月地方の豪族望月氏に攻められ祢津氏系春日氏は滅ぼされ、その後は望月氏系春日氏の居城となった。
天文10年(1541年)、武田氏の佐久侵攻後、望月氏は武田氏に属し、春日城も依田系芦田信守の属城となった。
武田氏滅亡後の天正壬午の乱で徳川氏の家臣となった依田信蕃が、天正10年(1582年)真田昌幸の協力を得て春日城を本拠にし、望月城はじめ佐久の諸城を攻略したが、翌年天正11年(1583年)大井行吉が守る岩尾城を攻撃中に弟と共に戦死。依田康国が跡を継ぎ大久保忠世が後見として佐久郡を治めたが、天正18年(1590年)に上野国石倉城攻めで討死にし、春日城もこの頃に廃城になったと考えられている。







教会の先を、左に入り登城口(案内板は無)
教会の先を、左に入り登城口(案内板は無)




秋葉神社が鎮座する郭2
秋葉神社が鎮座する郭2




春日城主郭 背後に土塁
春日城主郭 背後に土塁
春日城は康国寺の背後に聳える標高892.7mの山頂に築かれている。 麓にある康国寺は居館があったところで、康国の菩提を弔う為に松平康勝によって建立された寺院である。
主郭は山頂にあり南背後に土塁を設け大堀切によって尾根を遮断している。北に堀切を挟んで郭2があり、秋葉神社が鎮座している。主郭背後の尾根は4条の堀切で遮断している。
郭2から北東へ伸びた尾根に城域が広がり、山腹にある舞台のある曲輪まで堀切や小さな段郭が連なっている。さらに北東の尾根先まで堀切や小郭、竪堀などが残る。
主郭から東へ伸びた尾根にも段々と郭が連なり、東端部は北へ竪堀が伸びている。





主郭背後の堀切
主郭背後の堀切





居館跡 康国寺 後方の山が春日城
居館跡 康国寺 後方の山が春日城

*今回はコンデジの為、不鮮明な写真になります(。>ω<。)ノ




[長野県佐久市春日2600−1]


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
*示す位置は、登城口を示しています

天神城(旧望月城) 長野県佐久市

[広告]





天神城@ヤマシロ
㊟イメ-ジ図になります(・Д・)ノ




築城年代は定かではないが望月氏によって築かれたと云われる。
建武2年(1335年)小笠原経氏に攻撃されて落城した望月城は当城と推測されている。その後、望月氏は望月城を築いて居城とした。
永禄年間(1558年~1570年)頃から芦田氏さらに依田氏の城となったという。




天神城 堀切
天神城 堀切




天神城案内板
天神城は鹿曲川と八丁地川の間を細長く北へ伸びた台地の上に築かれている。
細長く伸びた台地を空堀で区画して南北に曲輪を連なる単純な縄張りで、数ヶ所の曲輪が存在するようである。主郭と思われる場所には小さな祠が祀られており、現在はそこへの遊歩道が設けられている。





天神城主郭堀切の石積
天神城主郭と郭2間の堀切の石積





[長野県佐久市協和7064]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

日向城 長野県佐久市

[広告]





詳細不明。日向の地名は建武元年(1334年)の大徳寺文書に「同郷(県沢)隣庄日向地頭平賀弥七、欲打越堺事」とあり古くから知られる集落である。
伝承によれば、武田氏の家臣で長閑屋敷に居た長坂釣閑斎光堅の居城であったとされる。
主郭は八幡宮が祀られた小高い曲輪で小さいながら背後には高土塁を設けている。この主郭をU字型に取り巻くようになっているのが二郭、さらに北東の山腹に帯曲輪が段々と連なっている。
この城の特徴はなんといっても背後にある数条の巨大な堀切群とそこから伸びる竪堀群である。






日向@ヤマシロ
㊟イメ-ジ図になります♪(/・ω・)/ ♪






日向城主郭
日向城主郭




主郭背後の土塁
主郭背後の土塁




二本目の堀切
二本目の堀切




連続する堀切
連続する堀切






[長野県佐久市根岸1347]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
*示す位置は登城口になります。

志賀城 長野県佐久市

志賀城 雲興寺から主郭手前迄





志賀城  主郭から伝笠原清繁の首塚





志賀城@樋口山城守与六
㊟イメ-ジ図になります(・Д・)ノ
志賀城の築城時期は不明である。
戦国時代、笠原清繁が城主であった。
武田晴信は佐久郡を完全に制圧するため、天文16年(1546年)志賀城を攻めた。笠原清繁は関東管領、上杉憲政の援軍を頼みにしており、志賀城には上野国の武将、高田憲頼も援軍として入城していた。
また、武田軍が志賀城を囲んでから、更に上杉憲政の援軍が碓氷峠を越えて志賀城へ向かったが、晴信が派遣した板垣信方、甘利虎泰、横田高松らにより、小田井原の戦いで、上杉氏の援軍は壊滅させられた。

晴信は、志賀城の周りに首級三千を掛け並べさせたと伝えられている。

やがて城は落城し、笠原清繁、高田憲頼ら城兵300余りが戦死し、生け捕りになった者は黒川金山などへ人身売買された。

城跡は雲興寺からアクセスできる。石積などが残っている。また、城下には笠原清繁の首塚と伝えられる五輪塔が残っている。






志賀城 城址碑、大河ドラマ時に制作城址碑





志賀城 大手に残る石積大手に残る石積





志賀城 主郭、奥に石祠が見える主郭、奥に石祠が見える、半分は笹薮





志賀城 東尾根1本目の堀切主郭からの東尾根1本目の堀切





志賀城 東斜面自然の城壁南斜面自然の城壁 この下にも石積が残る





志賀城 首塚から見た志賀城首塚から見た志賀城





[長野県佐久市志賀3611]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )