FC2ブログ

category: 埼玉県  1/24

伊奈氏屋敷2018 埼玉県伊奈町

㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/伊奈氏屋敷2018関東郡代伊奈氏の祖、伊奈熊蔵忠次の陣屋跡です。屋敷跡には当時を偲ばせる土塁や堀・道路などが現存しているとともに、「表門」「裏門」「蔵屋敷」「陣屋」などの名称が残っています。昭和59年の発掘調査により、障子堀が見つかっています。伊奈氏屋敷南側からの遠景、現在も低湿地が随所に残る二ノ丸の説明板と石碑ニノ丸北側の土塁と堀蔵屋敷北側の土塁と堀伊奈氏屋敷跡標柱、奥が障...

  •  0
  •  closed

羽生城を探る 埼玉県羽生市

羽生城を探る1546年(天文15年)に築かれ、1614年(慶長19年)に廃城となった。三方を沼に囲まれた平城であったとされるが、現在はその遺構は全く残っておらず、東谷天神社の敷地内に「羽生城址」と書かれた碑と「城橋」の碑があるだけである。約70年間の短い城史であるが、その間上杉謙信ただ一人を主人としていた。城主は広田直繁と木戸忠朝兄弟、自落後は忍城城主成田氏、大久保忠隣であった。 羽生城の面積は24町歩(約24ha)とされ、...

  •  0
  •  closed

真板氏館 埼玉県行田市

真板氏館跡の花蔵院築城年代など詳細不明。鎌倉幕府の御家人・真板五郎次郎経朝が当地を領し、築いた居館と伝わる。経朝は仁治4年(1243年)に弓始めの射手として選ばれ、その後幾度も射手を務める程の弓の名手であったという。遺構らしき物は無いと、思われる・・・・・・・・・・・・・・・・・。真板氏館石碑真名板高山古墳 古墳は物見として使用か??健治元年の板碑...

  •  0
  •  closed

成田氏館 埼玉県熊谷市

成田氏は、初代助高から九代親泰に至る四百余年を熊谷市上之に館を構えていましたが、延徳3年(1491)、親泰が忍大丞を攻め滅ぼし、本拠地を忍城に移しました。現在、館跡は耕作されていたり、住宅が建っていたりして、堀や土塁は見られません。しかし、地元の話や地形図から判断すると二重の堀をもつ館と考えられます。成田氏の菩提寺・・龍淵寺龍淵寺は成田家十二代当主、成田家時が開基したお寺で、成田氏の菩提寺でもあり、成田...

  •  0
  •  closed

西別府館 埼玉県熊谷市

成田助高のニ男・別府次郎行隆が別府に住んでから、その子太郎義行は東別府に、二郎行助が西別府氏に数代相対しながら領地とした。(東別府氏、西別府氏と名乗る)その行助から5代目の西別府頼重まで居としたいたのが、この西別府氏館である。祠の前に石碑が有るが周辺には、遺構は残っていません・・・・・・・・・・・・・・・[埼玉県熊谷市西別府2142−2]大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ...

  •  0
  •  closed