FC2ブログ

category: 群馬県  1/20

中 溝 ・深 町 遺跡(小金井歴史公園) 群馬県太田市

 新田東部工業団地造成に伴う埋蔵文化財発掘調 査(平成6年11月~平成8年8月)において、古墳 時代前期(4世紀末~5世紀初頭、およそ1600年前) にこの地を治めていた豪族の生活の一端をうかが わせる様々な遺構や遺物がまとまって発見されま した。まつりなどを執り行なう施設をともなう中 なか 溝 みぞ ・深 ふかまち 町遺跡、住居を主体とした一般集落として の一 いっぽんすぎ 本杉Ⅱ遺跡、方 ほうけい 形周 しゅうこう 溝墓 ...

  •  0
  •  closed

寺尾城 群馬県太田市

治承4年(1180)に源頼朝は伊豆の蛭ヶ小島で平氏打倒のため挙兵した際に、頼朝は、関東の源氏の一門や源氏累代の家人に対して味方を募りました。相模の三浦党や房総の千葉常胤、上総介広常らは味方することを約束し、同じ源氏一門である甲斐の武田氏や上野の足利氏もすぐに呼応をしましたが、新田義重は参陣せず、新田一族独力で平氏打倒の挙兵をして上州寺尾城に兵を集めたと言われています。現在遺構は何もなく、石碑のみと...

  •  0
  •  closed

丹生城  群馬県富岡市

丹生城弘治年間(1555年~1558年)頃の城主は新田景純であるが、永禄初期の頃に武田信玄に属し、甲斐へ移った。永禄4年(1561年)武田信玄は国峯城を攻略し、小幡氏を国峯城に復帰させると、丹生城はその支城として小幡氏の所領となり、永禄10年(1567年)景純の子信純は後閑城主となって後閑氏を名乗った。*詳細はデジブックの中で・・・・・・・・城址入り口(高速側)城址の中迄舗装した道路が有りますが、中へ行かないのが良いでし...

  •  0
  •  closed

菅原城 群馬県富岡市妙義

菅原城県道51号線を南下していくと、川沿いに道が西側にカーブしている所がある。この北側上の比高100mほどの山稜が菅原城の跡である。登城口が解れば、踏み跡を確認しながら上に進めば遺構が見えてきます・・・・・・ここにも猪がいます!!郭6から駆け下りてくる猪を隣の尾根から見えましたから・・・・・・・。城の歴史について、詳細は未詳だが、高田信頼の城であったという。菅原城 麓より菅原城入り口郭2 この城最大の広...

  •  0
  •  closed

後期高田氏館 群馬県富岡市妙義

戦国期において武田氏の上州侵攻に抵抗するが・・・・武田の支配下に入る。後に菅原へと移っていく。陽雲寺が館跡で本堂正面に堀跡の痕跡が残り道路も堀跡だったと言えるだろう。そして本堂背後には、高田氏の墓所が残る(高田氏の菩提寺)・・・・・・・・・・・・・・冬型が強く、小雪が舞う日でした。金鶏山麓の陽雲寺高田氏館 陽雲寺高田氏館 堀跡高田氏館 堀跡高田氏館 山門前の道路は堀跡であろう高田氏館 陽雲寺本堂高...

  •  0
  •  closed