星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

城之山城 栃木県佐野市

城之山城





改 城之山城
㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/





この城についての歴史的詳細は不明ですが、南に浅利城が在り北には要谷山城が在ります,
又彦間川を挟み向には正光寺城と須花城が在り足利が近い位置となる。





古い宝篋印塔
麓安養寺の古い宝篋印塔




西尾根 2本目の堀切
東尾根 2本目の堀切




西から見た主郭城塁
東から見た主郭城塁




城之山城 主郭
城之山城 主郭




南尾根 1本目の堀切
北尾根 1本目の堀切




佐野市城館リスト2
佐野市城館分布図(佐野市Hpより)




[栃木県佐野市下彦間町999]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

スポンサーサイト

浅利城 栃木県佐野市

浅利城






浅利城@樋口山城守与六
浅利城跡は、閑馬小学校の北西にある浅利山に所在する山城です。山頂本丸周辺に削平地や堀切、石垣等が残ります。築城は、宝徳3年(1451)、佐野氏の一族の神馬七郎忠光とされ、天文15年(1546)に廃城になったと伝えられます。

331mの山頂からは、所在する閑馬地区一帯ばかりでなく、唐沢山城跡や佐野方面も見渡せます。また、ここから少し西側の尾根の頂からは、須花方面も眼下に望めます、帯郭が多く解りずらい城です。
勿論説明板や案内板は有りません、このエリアの城はこのような石積を有する城が多く、無名なのが驚きます!!
 






浅利城 遠景
浅利城 遠景 東尾根から探索へ




浅利城 東尾根の郭
東尾根の郭で、ここが大手桝形か?




浅利城主郭 何気に綺麗です
浅利城主郭 何気に綺麗です




浅利城 主郭の石積
主郭の石積 随所に石垣が残る




浅利城 石仏の郭
石仏の郭 物見台か?





[栃木県佐野市閑馬町975]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

要谷山城 栃木県佐野市

要谷山城







要害山城@樋口山城守与六
要谷山城跡は、標高約400mの要谷山に所在する山城です。主郭の周囲に石垣が今も残ります。山頂付近は東西約16m、南北約17mの規模で、主郭と周囲には曲輪が配置されています。山頂の複数個所に石垣が残されています。

築城については天正年間に小野高吉が築いたとされ、その後、足利長尾氏方の小曽根筑前守によって落城したといわれています。

戦国時代おいて、関東地方は土造りの城が多く、石垣等を有する城はあまりなかったようですが、本市域には他にも石垣や石積みを有する城跡が複数あります。このことは本市域の大きな特色です。







要害山城遠景
要谷山城遠景




要害山城 主郭
要谷山城 主郭




要害山城 石積
要谷山城 石積




要害山城 1本目堀切
1本目堀切




要害山城 2本目堀切
2本目堀切




要害山城 この城最大の堀切
2本目堀切






[栃木県佐野市飛駒町5201−8]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

千渡城 栃木県鹿沼市

千渡城





完成 千渡城@ヤマシロ




千渡城は宇都宮氏が敵対する後北条氏の圧力に耐え切れずに多気山城に拠点を移した際に支城として築かれたと思われます。
長年抗争を繰り広げた壬生氏の本拠・鹿沼城に対する備えとしての役目を担っていました。城主については宇賀地左京助または宇賀神新八郎なる人物であったと伝わります。
城は宇都宮氏滅亡と共に廃城になったと思われます





千渡城 遠景
千渡城 遠景 千渡城は上城とも言い、城址は宝性寺の境内となっている。方100mほどのこの寺院の周囲には深さ5m、幅8mほどの堀がぐるりと取り巻いている




南側の堀跡と思われる
南側の堀跡と思われる




寶性寺南側の堀
寶性寺南側の堀




寶性寺 西側の堀
寶性寺 西側の堀




城址 寶性寺本堂
城址に建つ 寶性寺本堂




[栃木県鹿沼市千渡355−1]


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

皆川城 栃木県栃木市

皆川城





皆川氏の居城で、螺旋状にできていることから「法螺貝城」(ほらがいじょう)とも呼ばれる。
築城年代は諸説あり、寛喜年間(1229年~1232年)に皆川宗員によって築かれたとも、応永元年(1394年)に皆川秀光によって築かれたとも言われる。
皆川氏は戦国時代に入ると、北の鹿沼城を攻略した宇都宮氏から圧力を受け、従属と離反を繰り返した。
天正18年(1590年)の小田原征伐では、皆川広照は北条氏に与して小田原城へ篭城したため、皆川城は豊臣方の上杉景勝勢に攻められ、4月8日に降伏した(戦わずに明け渡したという説もある)。しかし、広照は小田原城包囲直後に脱出して徳川家康の陣所に駆け込み、家康の取り成しによって豊臣秀吉に所領を安堵された。翌年、広照は本拠を栃木城に遷し、皆川城は廃城となった。
昭和39年(1964年)5月、皆川城址は市指定史跡となり、栃木市が管理している。現在、標高147mの城山に公園が整備されている





_DSC9254.jpg
白山台(古城)から見た、皆川城(観音山)遠景






皆川城 縄張り図 現地説明板
皆川城 縄張り図 現地説明板より





_DSC9067.jpg
麓居館西側の土塁




_DSC9159.jpg
主郭の城址碑




_DSC9152.jpg
皆川城 主郭・・・以前は藪!!




_DSC9116.jpg
北側の三重竪堀・・・北側の遺構も見る価値有!!





_DSC9146.jpg
西の丸から見た主郭




[栃木県栃木市皆川城内町711−1]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )