星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ 古城巡り 写真館
FC2ブログ

古城巡り 写真館

〜フォトム-ビ-にて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・〜
古城巡り 写真館 城館リスト 2030.01.01
津久井城 神奈川県相模原市 2019.07.08
小松城 神奈川県相模原市 2019.07.08
上の山城 神奈川県相模原市 2019.07.08
伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市 2019.07.08

芋島の館 新潟県上越市

芋島の館 石碑
この石碑には「柿崎和泉守景家公城址関係」と刻まれている




芋島館は、築城者は定かでないが室町時代に築かれた。 戦国時代にはこの地を柿崎氏が領していことから、城主は柿崎氏かその一族・家臣と推定される。「柿崎氏の菩提寺楞厳寺付近の小字堀の内に築かれていて、東西200m×南北100mの規模があった」とされる。
寺の背後の経ケ峰に要害を持ち、その西には米山寺城がある。





_DSC5524.jpg
楞厳寺は柿崎氏の菩提所で境内の山門は柿崎城の城門を移築したと伝えられている。



スポンサーサイト

虫川城 新潟県上越市

虫川城入り口
白山神社の向いの道を進むと、虫川霊園が有ります・・・・右に折れ進むと登城口!!




虫川城




虫川城は山全体を巧みに利用した山城で、戦国末期の縄張りを残す貴重な遺跡です。
本丸跡は長さ35m、幅約20~30mの平地にあり、これらを包むように幾団もの郭が階段状に構築されています。
直峰城主風間信濃守信昭の家老杢田主繕の居城と言われています、「頸城郡絵図」から直峰城の北嶺にある虫川城は、交通の要衝を抑える役割を担っていたものと思われます。







虫川 腰郭
虫川城 腰郭







虫川 本丸
虫川城 本丸






虫川の大杉
白山神社の虫川の大杉

直峰城 新潟県上越市

城山の大ケヤキ
樹齢800年の大ケヤキ


直江兼続公の実父(樋口惣右衛門兼豊)が城主 上杉謙信公の関東遠征の重要拠点
 直峰城は、築城時期は不明ですが、南北朝時代(1335年~1392年)、南朝方の雄将風間信濃守信昭公(かざましなののかみのぶあきこう)の居城でした。中世の典型的な山城で、標高344m、自然の地形を巧みに利用して作られた堅固なものです。
 上杉謙信公の時代には、春日山城から関東へ抜ける要衡であり、謙信公は関東遠征の際、1泊目の宿泊地にしたとも伝えられています。
 謙信公が49歳でこの世を去ると、養子の景勝と景虎が跡目を争った「御館の乱」が起こり、春日山城・直峰城を押さえた景勝が勝利しました。景勝は、大河ドラマ「天地人」の主人公直江兼続(なおえかねつぐ)の実父の樋口惣右衛門兼豊(ひぐちそうえもんかねとよ)を天正12年(1584年)御館の乱の功績により、直峰城主としました。
 慶長3年(1598年)、豊臣秀吉の命で、上杉家は会津移封、その移封に従い樋口惣右衛門兼豊も同行しました。息子の兼続は米沢も治めることになり、米沢には最近まで「直峰町」と呼ばれる町名がありました。
 直峰城は、徳川時代になり、廃城となりましたが、今も大規模な空堀・曲輪の跡、2kmに及ぶ敷石の道(旧三国街道)などが残り、樹齢800年といわれている大ケヤキが歴史の流れを伝えています。






直峰城







完成 直峰城@ヤマシロ
㊟イメ-ジ図になります




多くの郭には屋敷跡の標柱が有ります
多くの郭には屋敷跡の標柱が有ります




本丸手前の堀切
本丸手前の堀切




直峰城本丸
直峰城本丸




直峰城のトイレ
直峰城のトイレ

柿崎城 新潟県上越市

_DSC5545.jpg
木崎山(標高25m)に築かれた城跡。築城時期は不明ですが城主は在地勢力の柿崎氏といわれています。
戦国時代になると柿崎氏は長尾氏(上杉氏)の重臣として活躍します。
現在、城跡は北陸自動車道・柿崎インターチェンジの料金所と国道8号を結ぶループ状の道路に囲まれており、
主な遺構は残されておりませんが、この城の搦手門を移築したものと伝わる山門が、柿崎氏の菩提寺である楞厳寺(柿崎区芋島)にあります。




_DSC5540.jpg
ここを、道なりに行けば城址




_DSC5541.jpg





_DSC5548.jpg





_DSC5543.jpg
山頂の削平部・・・・遺構は?無かな?




_DSC5544.jpg
山頂の展望台




_DSC5547.jpg
高速側に在る説明板

大間城 新潟県上越市

_DSC5362.jpg
大間城遠景



この地方の豪族の要塞として築かれたものといわれています。この城の特徴は大規模な築城ではなく、小さな尾根や沢が入り組んだ複雑な地形を利用して築かれたことです。山城の特色をよく残していて、上越地方ではあまり見られない本丸の「囲郭土塁」や時代の特色をよく表した壮大な空掘・土塁などが見られます。頸城平野が一望でき、三国街道沿いにあることから、戦国時代には春日山城の支城として重要な役割を果たしていました。現在この城址には、当時をしのぶものとして井戸跡、堀、土塁などがあり、上越市指定史跡となっています。




_DSC5366改
現地説明板縄張り図





_DSC5379改
本丸手前の堀




_DSC5384改





_DSC5385改
大間城 本丸(主郭)





_DSC5386改
本丸の土塁





_DSC5387郭2への虎口
郭2への虎口





_DSC5393主郭堀切
堀3(堀切)





_DSC5395改
屋敷群跡





_DSC5396郭3の横堀
屋敷群跡の横堀





_DSC5397土橋
土橋





_DSC5401主郭横堀

*雨天の為、主要郭のみで深く迄は見ていません。