FC2ブログ

category: 茨城県  1/25

駒寄城 茨城県坂東市

旧・猿島町の山地区、旧町役場の東側の台地に築かれた駒寄城は近世から近代にかけての開発で城の所在した台地だけではなく周辺まで大きく地形が変わります。城が機能していた戦国当時は飯沼が丘を囲み、西側は旧役場から延びる丘陵と地続きで飯沼に突き出した半島状の丘陵先端部に城が築かれていたました。現在では飯沼は干拓され農地となり、西側は昭和10年代の西仁連川の開削工事により丘陵が削られ駒寄城が独立した台地になっ...

  •  0
  •  closed

大鳥館 茨城県

逆井城とは谷津を挟んだ北西の台地に大鳥館または大鳥城といわれる城館があったといわれます。巨大な土塁が残るとされるが現在は確認できません、しかし民家裏手の竹林の中には平場が確認できます。台地の東南は武家と呼ばれ逆井城の家臣達の屋敷との伝承があるようです。大鳥館 遠景...

  •  0
  •  closed

井上城 茨城県筑西市

井上城多くの中世城郭がそうであったように、城主が誰で在ったか不明であり、また史料上に登場することはない。しかし、その遺構は自然地形を主体にし防御体制を加えただけのきわめて古風なものであり、少なくとも戦国期以前のものであることはほぼ確実といってよい。しかも、古い時代の城跡としてはかなり大規模と守りを持っている点から見て、この地域でも重要な位置を与えられていた事は明らかである。井上城遠景 西側から・・...

  •  0
  •  closed

関本小詰城 茨城県筑西市

城跡は戦国期の物と判断される。永禄年間(1558~1568)多賀谷政経が結城亮の関本を奪取し(附城)を築いたという(多賀谷家譜)の記事である。関本小詰城は多賀谷政経により築かれた附城であり、政経はこれにより要地関本を掌握するとともに、西結城、山川氏に対峙したのではないだろうか。関本館と関本小詰城の位置関係関本小詰城 遠景関本の集落の南東部に存在する 西側は鬼怒川沿いの低地で、北側は小さな谷が入りこんでいる...

  •  0
  •  closed

関本館 茨城県筑西市

館跡のある関本は、関本群本郷すなわち関本の中心となっていたところである。その地にこのような規模の館を築いた主体としてまず想定されるのは関氏であろう。関氏は関群地頭であり、それゆえ群支配のために関郡の中枢部に予感を構える必然性は十分にあり得たと言える。この館跡は、東西106m 南北138.5mほどの規模を持ち、既に埋没した堀の存在を考慮するとかつては東西120m、南北150m近くはあったのではあろうか。関本集落の...

  •  0
  •  closed